NISA SCHOOL

独学で資産形成を目指すブログ

松井証券は、配当株投資の候補銘柄として有りか無しか?

f:id:nisaschool:20200712205803j:plain

こんにちは。国内株の配当株投資している永松です。2020.7.12時点、松井証券(8628)は配当株として「有り」と判断して、配当狙いポートフォリオに組み入れていました。

2020.7.27に開示された直近の決算資料で、「配当予想が未定」であったため、一旦売却し、ポートフォリオから除外しました。

 

松井証券の業種分類は、証券業です。ネット証券の大手で、株主優待で有名な「桐谷さん」も使っている会社です。

株取引の先進サービス開発に定評があります。2016年から投資信託事業も展開しています。

2020年4月には、投信毎月現金還元サービス(信託報酬が安くなる!松井証券・投信毎月現金還元サービスの活用方法)が始まり、投信分野において、他社ユーザーが松井証券への乗換も起きてくると推定しています。

 

「松井証券を、配当株として組み入れるか検討中」という方のため、松井証券の配当分析をまとめています。

あくまで個人的な見解で、銘柄推奨するものではありません。配当株投資の参考になれば幸いです。

 

次の3点をモニタリング又は分析しています。

  • 業績推移
  • キャッシュフロー推移
  • 配当分析

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

 

 

更新履歴

  • 2021年期1Q(4月~6月)の決算資料を反映しました。[2020.7.28]

 

松井証券の業績推移

2013年3月期~2020年3月期の売上、営業利益、当期利益は次の通りです。

直近では2014年3月期を最高に、やや減少傾向です。

直近の決算資料(2020.7)では、業績予想は開示されていません。

1Qの業績は、売上高7,164(百万円)で、対前年同時期+28.9%、四半期利益2,108(百万円)で+53.4%と大幅に上昇していました。

松井証券,売上高,営業利益,当期利益

 

決算期 売上高 営業利益 当期利益
2013.3 20,799 10,195 6,427
2014.3 39,883 27,090 16,300
2015.3 34,306 22,087 15,571
2016.3 34,435 21,745 14,763
2017.3 27,727 14,939 10,697
2018.3 32,210 18,532 12,908
2019.3 27,313 13,451 9,562
2020.3 24,150 8,909 6,136

 

松井証券のキャッシュフロー推移

2013年3月期~2020年3月期の各キャッシュフロー(CF)は次の通りです。

松井証券,キャッシュフロー

 

決算期 営業CF 投資CF 財務CF 現金・現金等価物 フリーCF
2013.3 -74,775 -791 77,102 26,624 -75,566
2014.3 -18,060 -1,142 25,910 33,333 -19,202
2015.3 21,871 2,068 -21,867 35,406 23,939
2016.3 43,431 -824 -48,147 29,865 42,607
2017.3 11,510 -2,014 -10,269 29,093 9,496
2018.3 -39,665 -2,067 51,908 39,269 -41,732
2019.3 103,499 -2,011 -101,650 39,108 101,488
2020.3 60,195 -2,749 -41,209 55,345 57,446


営業CFは、上下を繰り返しています。2013年、2014年、2018年はマイナスでしたが、それ以外はプラスで推移しています。

現金・現金等価物は、年々着実に増加傾向です。

フリーCFも、営業CFと同様に上下を繰り返しています。

 

松井証券の配当分析

私が分析しているのは、次の3点です。

  1. 配当方針
  2. 配当実績と配当成長率
  3. 配当性向(当期利益、フリーCFベース)

配当株投資の対象には、「配当利回り4%以上」を条件に銘柄スクリーニングしています。

松井証券の場合、株価883円(2020.7.28終値)で、配当が直近と同じ、年45円であったと仮定すると、配当利回りは5.09%です。

 

配当方針

松井証券の配当方針は、次の2点です。

  • 配当性向:60%以上 かつ
  • 株主資本配当率(DOE):8%以上

公式サイト「 配当・株主還元 | 会社案内・IR情報 | 松井証券 」に明記されています。

明記されているため、「株主還元もしっかりする(配当を支払う)」という意思表示だと判断しています。

一般に配当指標には、当期利益をベースにした配当性向が使われます。

当期利益の変動幅が大きいため、株主還元の状況を見るために、株主資本をベースとしたDOEを使う企業も増えています。

今のところ、私はDOEは分析対象とはしていません。

直近の決算資料(2020.7)では、配当方針の変更は記載されていません。しかしながら、次期の配当は未定のままでした。

 

配当実績と配当成長率

配当に関する基本情報は次の通りです。

  • 配当回数:年2回
  • 配当権利確定日:9.30(中間配当)、3.31(期末配当)

 

2013.3期~2020.3期の配当実績は、次の通りでした。

2014.3期以降、中間配当と期末配当の2回になりました。過去8年間は、無配当は一度もなく、継続的に配当が支払われています。

2019.3期は特別配当が39円支払われ、年合計84円の配当が支払われました。

松井証券,配当実績

 

直近3年間、2017.3期~2020.3期の配当成長率を算出すると、次の通りです。

決算期 配当金 配当成長率
2017.3 33 ---
2018.3 44 33%
2019.3* 45 2%
2020.3 45 0%

*特別期末配当を除く

 

2018.3期は、対前年で11円と33%もアップしましたが、2019.3期、2020.3期にはほぼ横ばいです。

 

配当性向(当期利益・フリーCFベース)

日本では、配当性向を当期利益ベースで算出します。しかし、最近学んだこととして、米国株投資ではフリーCFベースで分析されます。私はこれを日本株にも応用しています。

フリーCFとは、営業CF+投資CFで算出される数値で、簡単に言えば、企業が自由に使える現金です。

フリーCFは、新たな設備投資、借入金の返済、内部留保、そして配当に使われます。そのため、配当株投資では重要な分析対象となりえます。

フリーCFが潤沢にあれば、配当の増額にも期待できます。一方、フリーCFが少ないのに配当を維持していたら、「そろそろ減配が近づいているかもしれない」と事前にリスクを察知できます。

 

2017.3期~2020.3期の配当性向を算出すると、次の通りです。

発行済み株数は、259,264,702株(2020.3.31時点)で算出しています。算出した数値は、若干、公式サイトとが異なります。

決算期 当期利益ベース フリーCFベース
2017.3 80% 90%
2018.3 88% -27%
2019.3** 228% 21%
2020.3 190% 20%

**特別期末配当を含む

 

2017.3期は、当期利益ベース、フリーCFベース共に100%以下で安全圏内でした。

2018.3期は、当期利益が大幅に減少しましたが、増配したため、当期利益ベースで88%まで上がりました。フリーCFはマイナスでしたので、フリーCFベースはマイナスの数値でした。

2019.3期は、特別配当があり、当期利益ベースで228%と一見すると、異常値になっています。しかし、フリーCFが潤沢にあるため、フリーCFベースは21%と十分に安全圏内でした。

2020.3期は、当期利益が大幅に減少しましたが、配当を45円に維持したため、190%と異常値になっています。しかし、こちらもフリーCFベースは20%と、前年と同様に安全圏内にはまだいます。

2021.3期も、フリーCFベースの配当性向に注目しておきましょう。

 

まとめ

私が、松井証券を配当株として「有り」と判断した理由は次の通りでした。

売上高、当期利益の減少はやや気になるものの、2020年3月期の営業CF、フリーCFが大きくプラスです。

配当方針は、「配当性向60%以上」と株主還元を十分に考えられています。直近の方針変更もなし。

配当実績は、過去8年間一度も無配当はなく、継続性が十分にあります。ただし、今のところ増配には期待できないと考えています。

2020年3月期のフリーCFベースの配当性向は、20%と安全圏にあると考えています。

以上のことから、配当維持に期待し、配当利回り5.43%の配当狙いポートフォリオに組み入れても問題ないと判断していました。

しかしながら、7.27に開示された1Q決算短信では、「配当予想が未定」のままでしたので、安全を期して一旦売却しました。

ただし、業績は対前年同時期と比較してかなり良かったです。配当予想が開示される、もしくは、2Q月短信で配当予想が開示されまたら、組み入れるか検討しても良いでしょう。

 

関連記事

会社員が手軽に年50回の配当を日本株投資で得るための3ステップ

2020年7月度日本株レポート|配当収入目的で8銘柄に投資開始