LINEスマート投資のワンコイン投資のメリット・デメリット



f:id:nisaschool:20190429221532j:plain

こんにちは。LINEスマート投資をご存知ですか。LINEとFolio(フォリオ)が提携してできた、モバイル投資サービスです。

LINEスマート投資は2018年10月からスタートしています。当時はテーマ投資のみでしたが、2019年4月25日から「ワンコイン投資」ができるようになりました。

本ページでは、ワンコイン投資のメリット・デメリットについてまとめています。

 

 

ワンコイン投資のメリット

メリットは、以下3点です。

  1. 500円から投資できる
  2. 簡単なステップで投資を始められる
  3. 運用は自動で行ってくれ、面倒な手間はない

 

最低1週間に1回500円から投資を始めることができます。月に換算すると2000~2500円です。投資と聞くと、「どうせ大きいお金が必要なんでしょ?」と思われるかもしれません。最近では少額から簡単に始めることができます。

 

周りを見ていても、「どうやって投資を始めたら良いのかわからない」、と言う方が多いです。このワンコイン投資では、①口座申込、②LINE PAYに銀行口座を登録する、③積立金額と頻度を選ぶ、の3ステップだけです。難しいことは何もありません。

積立金額は1回500円~3万円、積立頻度は週1回、週5回、週7回から選択できます。

 

初めて投資をする方が、投資先を選ぶことは難しいです。このワンコイン投資では、世界全体に分散投資できます。世界経済の成長の恩恵を受けることができます。

面倒な売買や資産の調整は、アルゴリズムが搭載されたロボアドバイザーが機動的に行ってくれます。そのため自分では特にすることはありません。

 

ワンコイン投資のデメリット

デメリットは、以下2点です。

  1. 元本割れする可能性がある
  2. 預り資産が少ないときは、運用手数料が実質1%を超える可能性がある

 

このワンコイン投資は、元本保証型ではありません。世界経済の状況によって元本割れする恐れがある点にはご留意ください。

投資のリスクとは、「不確実性」を言います。不確実性とは、損するか、得するか確実ではないということです。ネガティブなリスクとしては、元本割れですが、逆にポジティブなリスクとしてはリターンが得られるということです。

どんな投資でもリスクがあるということは十分に理解しておきましょう。

 

ワンコイン投資では、運用手数料が預り資産に対して年1%かかります。運用手数料とは、お金の運用の対価として運用元に支払う手数料です。ただし、金額に関わらず最低月額100円は支払う取り決めがあります。つまり、年間最低1200円の手数料はかかります。

 

最低投資額で考えてみましょう。週1回500円から投資できます。1年間は52週間あります。1年間の投資額は、500円×52週間=26000円です。

このときの手数料が1%だとすると、計算上は年間26000×1%=260円です。しかし、最低1200円はかかりますので、1200-260=940円は余計に支払う必要があります。

投資額に対する%に換算すると、1200円÷26000円×100%=4.6%です。これは高すぎます!

 

では、年間合計いくら投資したら手数料が最低の1200円になるのか?

1200円÷1%=12万円です。年間12万円以上積み立てるなら、1%の手数料が1200円を超えますので、余計に支払うことはありません。この点だけはには、十分に注意しておきましょう!

ただ!2019年4月25日~2020年4月24日まで、この手数料が0円になるキャンペーンが行われています。

ワンコイン投資を試してみたいという方は、このキャンペーンの利用を検討をしてみましょう。

 

Folio又はLINEスマート投資を始めるには口座開設が必要です。口座開設・維持費用は無料です。メールアカウント、又はLINEアカウントで申込します。

ご利用を検討されている方は、Folioの公式サイトをご覧ください。

FOLIO

FOLIO

以上です。

 

関連記事

【6月28日まで】LINEスマート投資のお得なキャンペーン!合計10万人に現金プレゼント

LINEスマート投資から500円で始められるワンコイン投資が登場!知っておきたい5つの特徴

【期間限定】フォリオの約1万円で投資できるミニテーマとは?5G・キャッシュレスなどの銘柄に投資可能