手数料無料のロボアドLINEワンコイン投資はじめました!リターン実績・資産比率管理を分析します!



f:id:nisaschool:20191117180547j:plain

こんにちは。ここ数年でロボアドバイザーによる資産運用の認知度が、飛躍的に向上しました。有名な会社で言うと、WealthNavi、THEO、LINEワンコイン投資があります。

このうち、LINEワンコイン投資は2019年4月に登場したばかりで、やや情報が乏しいように感じています。

「LINEワンコイン投資を始めようか」と検討しているあなたの参考になるように、リターン実績と基本資産比率とその管理についての分析をまとめています。[2019.12.3時点]

結論から述べます。ワンコイン投資の基本資産比率は、次の通りです。

投資対象 基本比率
株式 30.0%
債券 55.0%
不動産 4.5%
コモディティ 4.5%
現金 6.0%

 

また、リターンは、6週間で+2.23%でした。[2019.12.3時点]

 

 

ワンコイン投資の基本情報 

運営は、LINEとFOLIOが共同で行っています。運用はFOLIOのロボアドバイザーがベースに適用されています。次の3つだけ、おさえておきましょう。

  • 投資対象は、全世界で国際分散投資
  • 手数料は、年1.0%(税別)
  • 最低投資額は、週500円~

全世界の株式、債券、不動産、コモディティ(金)にETFを通じて投資されます。手数料(投資信託でいう信託報酬)は、WealthNaviやTHEOと同じ年1.0%です。

ただし、2020.4.30まで手数料が無料になるキャンペーンが実施されています。そのため、私も利用しています。詳しくは公式サイトを確認してください。

ワンコイン投資

【 ワンコイン投資

 

最低投資額は、週500円~可能です。月換算で2000円~2500円です。途中で積立停止や解約も自由にできます。

 

ワンコイン投資のリターン実績と資産比率管理の分析結果

ロボアドバイザーの一番のメリットは、資産比率を管理してくれることです。簡単に言うと、リスク・リターンコントロールのため自動で資産配分を調整してくれます。

ロボアドバイザーを使う時に、想定した資産配分できちんと維持されているか確認することは大切です。

まずは、投資の一連の流れを説明します。私は、下記の積立設定条件で投資しています。WealthNaviやTHEOは、リスク許容度に応じて基本資産比率を選ぶことができます。一方、ワンコイン投資はFOLIOに一任しているため、選択できません。

  • 投資開始日:2019.10.28
  • 積立金額:毎週月曜日500円

毎週月曜日に銀行口座から500円ずつ引き落としされます。

 

次の画面は、投資1週目です。株式、債券、不動産、コモディティ、現金の5分類で表示されます。

f:id:nisaschool:20191117183536j:plain

[出典: ワンコイン投資 ]

 

円グラフをタップすると、さらに詳細な資産配分を確認できます。

f:id:nisaschool:20191117184606j:plain

 

株式は、米国株、先進国株(日本や欧州)、新興国株に投資されます。債券は、米国債券、新興国債券、ハイイールド債(高利回り債券)に投資されます。不動産は、米国リートのみです。コモディティは金に投資されます。一部、現金まま保有されています。

投資2週目は、一旦現金に追加され翌日に投資されます。

f:id:nisaschool:20191117185132j:plain

f:id:nisaschool:20191117185520j:plain

以上が投資の一連の流れです。

 

資産配分の推移は、次の通りです。

f:id:nisaschool:20191203185100j:plain

 

ワンコイン投資では、基本資産比率が開示されていませんが、ここから次のように読み取れます。比較的安定運用タイプです。おそらく、各比率が±1%で管理されていると推測できます。

投資対象 基本比率
株式 30.0%
債券 55.0%
不動産 4.5%
コモディティ 4.5%
現金 6.0%

 

ちなみに、運営元のFOLIOでは、ロボアドバイザーを使ったおまかせ投資(10万円~)というのがあります。次の5種類から選べます。

f:id:nisaschool:20191025205032j:plain

 

ワンコイン投資の基本比率に最も近かったのは、ローレンス(堅実運用)であることがわかりました。

投資対象 ワンコイン投資 FOLIO
(ローレンス)
株式 30.0% 31.27%
債券 55.0% 58.71%
不動産 4.5% 5%
コモディティ 4.5% 5%
現金 6.0% ---

 

ワンコイン投資の方が、現金を一定比率保有しているため、ややリスクとリターンが少ないと推測できます。 

 

リターンはまだ6週間しか経っていませんが、+2.23%です。随時更新します。[2019.11.27時点]

ワンコイン投資は、「株式の割合が30%より多めが良い」、「自分でリスク許容度を選びたい」という人には向きません。そういう方は、WealthNaviやTHEOを候補として検討しましょう。

一方、「比較的低リスクで、安定的に運用したい」、「ロボアドバイザーがどんなものが気軽に試してみたい」という方にはオススメです。手数料が無料期間中にぜひ利用を検討してみましょう。

>>【 ワンコイン投資

 

関連記事

【徹底比較】ウェルスナビ・LINEワンコイン・THEOの違い、オススメは?運用アルゴリズム・実績・手数料をまとめます!

LINEワンコイン投資とFOLIOおまかせ投資の違い・オススメは?運用アルゴリズム・手数料・初期投資額をまとめます!

【LINEスマート投資】ワンコイン投資の始め方|特徴・メリットとデメリット・評判・手数料をまとめます!