LINEワンコイン投資とFOLIOおまかせ投資の違い・オススメは?運用アルゴリズム・手数料・初期投資額をまとめます!



f:id:nisaschool:20191024215707j:plain

こんにちは。ロボアドバイザー(AI)を使った資産運用が、ここ数年で一気に広まりました。

LINEワンコイン投資は、LINEとFOLIOが業務提供してサービスを提供しています。FOLIOでも自社で「おまかせ投資」というサービスがあります。

「LINEワンコイン投資と、FOLIOのおまかせ投資は、何が違うんだろう?」 、「どちらの方が私に適しているだろう?」と迷っていませんか。

どちらが良いか決められるように、ワンコイン投資とおまかせ投資の違いを徹底比較します。

主要3社のロボアドバイザーの比較については、下記の記事を参考にしてください。

>>【徹底比較】ウェルスナビ・LINEワンコイン・THEOの違い、オススメは?運用アルゴリズム・実績・手数料をまとめます!

 

 

ロボアドバイザー選びで大切な5つのポイント

次の5つだけは見ておきましょう。

  1. 運用アルゴリズム(運用モデル)
  2. 投資対象銘柄
  3. 手数料
  4. 最低投資額
  5. 実績

 

運用アルゴリズムとは、どのような投資方針で運用を行っているかです。少し難しいので、ざっくりの理解で良いでしょう。

ロボアドバイザーでは、投資対象銘柄としてETFという商品を使っています。運用会社によって、銘柄や組み合わせパターンが異なります。

手数料は、運用中に運用会社に支払うお金です。資金の中から差し引かれます。

運用会社によって、最低投資額が決められています。ロボアドバイザーは基本的に積立投資です。継続することが大切なので、あなたが無理なく投資できる金額の運用会社を選びましょう。

実績は、リターン実績だけでなく、運用会社としての実績も確認しましょう。運用会社によって投資方針が異なるので、リターンについて後述しています。

ワンコイン投資とおまかせ投資の違いを下記にまとめました。

  ワンコイン投資 おまかせ投資
運用アルゴリズム 平均分散法
Black-Litterman
平均分散法
Black-Litterman
投資対象銘柄・
パターン
8銘柄
1パターン
8銘柄
5パターン
手数料 無料
1.0%
0.5%
1.0%
初期投資額 週500円 10万円
月最低
投資額
2000~
2500円以上
0 or 1万円以上
実績 2019.4~
非公開
2017.7~
非公開

※詳細は後述しています。

※ご利用前に、詳細事項は公式サイトより確認してください。

>>【 ワンコイン投資

>>【 FOLIO

 

 

運用アルゴリズムの比較

ワンコイン投資とおまかせ投資の運用アルゴリズムは同じです。覚える必要はないですが、平均分散法とBlack-Littermanモデルが使われています。

平均分散法とは、各資産クラスの「期待リターン」と「リスク」および資産クラス間の「相関」を用いて、最適なポートフォリオを算出する手法です。

具体的な比率の算出手法には、1990年にノーベル賞を受賞したハリー・マーコビッツ氏の現代ポートフォリオ理論が使われています。

Black-Littermanモデルとは、資本資産価格モデル(CAPM)に基づき推定される市場均衡での期待リターンをベースに、モデルの利用者が独自の相場見通しを加味して各資産クラスの期待リターンを推定するものです。

両者ともに独自の相場見通しを加えず、市場均衡での期待リターンをそのまま期待リターンとして設定されています。

 

投資対象銘柄・パターンの比較

ワンコイン投資とおまかせ投資の投資対象銘柄は同じで、以下8銘柄で構成されます。

株式 米国株
先進国株(米国除き)
新興国株
債券 米国債
新興国債
ハイイールド債
コモディティ
不動産 不動産

 

両者には資産配分のパターンに違いがあります。ワンコイン投資では1パターン(選択不可)、おまかせ投資は5パターン(選択可)です。

おまかせ投資の5パターンについて解説します。

f:id:nisaschool:20191025205032j:plain

[出典:FOLIO]

 

FOLIOでは、5パターンのロボに名前がついています。安定運用(ピーター)、堅実運用(ローレンス)、バランス運用(エリー)、積極運用(ジェームス)、チャレンジ運用(マーカス)です。

各ロボの想定される資産配分は、以下の通りです。[2019.10.25時点]

f:id:nisaschool:20191025210226j:plain

 

安定~チャレンジ運用にかけて、株式の割合が15.00%~73.02%に増え、債券の割合が72.81%~15.00%に減ります。不動産は全パターン共通で5.00%です。

コモディティに法則性はなく、5.00%~10.99%でした。

一般的に株式の割合が増えることによって、リスク(価格変動幅)が大きくリターンも大きくなります。また、債券の割合が増えることで、リスクが小さくリターンも小さくなります。

あなたが5パターンのどれに適しているかは、FOLIOのアンケートによって診断できます。アンケートは、年齢、年収、貯金額に答えるのみです。その結果に従ってもよいですし、好きなパターンを選択することもできます。

 

ワンコイン投資が、どのパターンで運用されているかは開示されていません。ワンコイン投資の初回の資産配分は、下記の通りでした。

f:id:nisaschool:20191029183321j:plain

 

FOLIOの資産配分で言うと、堅実運用に近かったです。ワンコイン投資は、初級者向けなので、リスクを抑えた運用が選択されているかもしれません。

「自分で割合をある程度選択したい」という方は、FOLIOのおまかせ投資を選びましょう。

 

手数料の比較

あなたのリターンは、「投資でのリターン」-「手数料」で計算されます。

どんなにリターンが高くても、手数料も高すぎればリターンは減ってしまいます。マイナスリターンの時に、手数料が高すぎれば、マイナスリターンも上乗せされます。必ずチェックしておきましょう。

ワンコイン投資とおまかせ投資の手数料は、以下の通りです。基本1.0%/年で同様です。3000万円を超える部分は0.5%/年になります。料金としては妥当のように思います。

  • ワンコイン投資:無料~1.0%(年率)
  • おまかせ投資:0.5%~1.0%(年率)

ワンコイン投資では、ユーザー数の拡大目的としてキャンペーンが実施されており、2020.4.30までは手数料が無料です。

ワンコイン投資

 

投資額の比較

投資のしやすさも比較しておきましょう。基本、時間分散をするために毎月(毎週)つみたてすることをオススメします。

各社の初期投資額と、月積立最低額は以下の通りです。 

  ワンコイン投資 おまかせ投資
初期
投資額
週500円 10万円
月最低
投資額
2000円~
2500円以上

0 or
1万円以上

 

 

ワンコイン投資では、初期投資は週500円です。月積立最低額は、4週ある場合は500×4=2000円、5週ある場合は500×5=2500円です。金額は500円単位で選択できます。

おまかせ投資では、初期投資は10万円とやや大きいです。月積立最低額は、積立しない場合は0円、積立する場合は1万円以上です。

 

実績の比較

最後に実績です。実績は2種類あり、会社としての実績と、ロボアドバイザーにおけるリターンである運用実績です。

  • ワンコイン投資:2019.4~、預かり資産非公開
  • おまかせ投資:2017.7~、預かり資産非公開

 

ワンコイン投資は、FOLIOがLINEと業務提携して2019.4にスタートしました。運営元であるFOLIOは2015.12に会社設立され、2017.7からサービス提供しています。

両者とも、具体的なユーザー数等は開示されていませんでした。ワンコイン投資のユーザー数の増加率は、あの2000万円問題が前後で+205%に増加したと記載されていました。

 

次に運用実績ですが、開示されていません。

ワンコイン投資とおまかせ投資ともに、まだ始まって間もないため、今後情報が追加されましたらお知らせします。

「ロボアドバイザーを始めてみようかな」と思っている方は、ぜひどちらが良いかじっくりと検討してみてください。

>>【 ワンコイン投資

>>【 FOLIO

私はワンコイン投資を利用しています。下記の記事でリターン実績や詳細な資産配分について分析しています。

>>手数料無料のロボアドLINEワンコイン投資はじめました!リターン実績・資産比率管理を分析します!

 

 

関連記事

【LINEスマート投資】ワンコイン投資の始め方|特徴・メリットとデメリット・評判・手数料をまとめます!

1800億円突破!ロボアドバイザーWealthNavi(ウェルスナビ)のお得なキャンペーン

7.5万口座突破!ロボアドバイザーTHEO(テオ)のお得なキャンペーン

© FOLIO