NISA SCHOOL

独学で資産形成を目指すスクール

2020年11月度日本株レポート|減配のポーラオルビスHDをなくなく売却

執筆者:NISA SCHOOL 永松 龍一郎(@nisaschool

f:id:nisaschool:20200803191205j:plain

こんにちは、永松です。6.22から米国株配当投資を始め、以前より配当投資に詳しくなりました。(参考:2020年11月度米国株レポート|大統領選も終わり株価上昇局面に突入か?

米国株で得た知識を、「日本株でも活かしてみたい」と思い、2020年6月末から、日本株の配当投資を本格的に始めました。

 

毎月、ポートフォリオ、トータルリターン、配当実績を記録していきます。

「日本株配当投資では、どれくらいのリスクやリターンがあるのか知りたい」という方の参考になれば、幸いです。

 

 

2020年11月度の主要指数の振り返り

2020.11.1~11.30において、日本株の主要指数は、次の通りでした。

参考値として、米国株のNYダウ、ナスダック、S&P500も記載しています。

指数 11月2日 11月30日 リターン
日経平均 23295.48 26433.62 13.47%
TOPIX 1607.95 1754.98 9.14%
NYダウ 26925.05 29638.64 10.08%
ナスダック 10951.61 12198.74 11.39%
S&P500 3310.24 3621.63 9.41%

 

日経平均及びTOPIXは、大幅なプラスリターンでした。特に日経平均は、26000円台を突破し、1ヶ月で+13.47%と非常に良好な結果でした。

一方、米国株指数も、10月の米国大統領選挙も無事終わり、急上昇しました。

 

2020年11月度のポートフォリオ・リターン・配当実績

私の投資方針は、「高配当銘柄に分散投資し、配当金を再投資し複利成長させる」です。長期保有にこだわらず、より良い銘柄を見つければ、乗り換えします。

まずは、初期投資10万円程度から始めることにしました。

取引は、1株単位で株式が取引できる、LINE証券と、マネックス証券がおすすめです。

LINE証券は、手数料が低く、株のタイムセールアフタヌーンセール決算発表ナイトセール等、株式を安く仕入れられるキャンペーンの利用価値が高いです。

また、マネックス証券は、2021.7.5~、ワン株(単元未満株)の買付手数料が無料になります。

 

11月度のポートフォリオは、減配になったポーラオルビスHDを売却

ポートフォリオは、マネックス証券のスクリーニングで、配当利回り4.5%以上で株式を抽出後、個別銘柄の業績、配当実績、配当性向(当期利益ベース、フリーキャッシュフローベース)を分析して選別しています。

 

10月は、次の10銘柄に投資していました。詳しくは、「2020年10月度日本株レポート|高配当銘柄になったSANKYOをメンバーに迎えました」でまとめています。

日本株10月度ポートフォリオ

 

11月は、減配になったポーラオルビスHDを売却しました。

日本株11月度ポートフォリオ

 

2020年12月期3Q(7~9月)の決算発表にて、予想配当金が、年80円から年50円に減配となりました。

この発表後、株価はそこまで大きな変動はありませんでした。

2020.11.30終値ベースで、予想配当利回りが3.83%(年80円)から2.39%(年50円)と大幅に下がってしまったため、私は売却を選択しました。

 

その他の銘柄は、売却や買増は行っていません。

その他の各銘柄の保有理由は、下記の記事を参考にしてください。

デンカは、配当株投資の候補銘柄として有りか無しか?

スカラは、配当株投資の候補銘柄として有りか無しか?

アサヒホールディングスは、配当株投資の候補銘柄として有りか無しか?

藤商事は、配当株投資の候補銘柄として有りか無しか?

伊藤忠エネクスは、配当株投資の候補銘柄として有りか無しか?

あおぞら銀行は、配当株投資の候補銘柄として有りか無しか?

三井住友フィナンシャルグループは、配当株投資の候補銘柄として有りか無しか?

兼松は、配当株投資の候補銘柄として有りか無しか?

SANKYOは、配当株投資の候補銘柄として有りか無しか?

 

11月度のリターンは+9.38%

11.30時点、買付総額113,043円に対し、評価額で123,650円で、+10,607円で割合にすると+9.38%でした。

リターン内訳は、次の通りでした。

銘柄 買付額 評価額 リターン
デンカ 12,975 15,160 16.84%
スカラ 10,950 12,975 18.49%
アサヒHD 14,160 15,525 9.64%
藤商事 17,525 18,650 6.42%
SANKYO 13,380 12,840 -4.04%
兼松 8,197 8,435 2.90%
伊藤忠エネクス 12,855 15,000 16.69%
あおぞら銀行 5,127 5,685 10.88%
三井住友F 17,874 19,380 8.43%
合計金額 113,043 123,650 9.38%

 

10銘柄のうち、9銘柄が+2.90%~+18.49%とプラスリターン、1銘柄が-4.04%とマイナスリターンでした。

10月末の下落から一転し、11月は全体的に株価が上昇しました。

 

アサヒホールディングスから配当が入金

アサヒホールディングスの中間配当(9.30分)が入金されました。1株あたり80円支払われました。

9.30に配当支払いが確定している銘柄があるため、12月には多くの配当金が入金される予定です。

配当累計額は、次の通りです。

11月までの配当累計額は、680円です。

日本株,11月度配当金

 

年間配当予想額と、私の平均取得単価における配当利回りは、次の通りです。

銘柄 配当予想額
(円)
平均取得単価
(円)
配当利回り
デンカ 125 2595 4.81%
スカラ 32 730 4.38%
アサヒHD 160 2832 5.65%
藤商事 50 701 7.13%
SANKYO 150 2676 5.61%
兼松 60 1171 5.12%
伊藤忠エネクス 44 857 5.13%
あおぞら銀行 122 1709 7.14%
三井住友F 190 2979 6.38%

 

配当利回りは、4.38%~7.14%と予想されます。

11.9時点、デンカの予想配当額は、未定から年125円と開示されました。

 

今後の方針

デンカの予想配当額も開示されたので、ひとまず心配な銘柄はなくなりました。経過を観察します。

12月は大きく下落すれば買い増し予定ですが、おそらく上昇局面が続きそうです。

その他、新規銘柄の配当分析も行っています。

 

今観察中なのは、J-POWER 電源開発株式会社(9513)です。

2004年に民営化された、電気・ガス業の企業です。直近1年では株価が-47.16%と大幅に下落しています。

売上高の下方修正の影響かもしれません。

ただ、直近の決算によると、2021.3期の配当予想は75円と前年維持されています。そのため、12.6時点の終値(1404円)ベースで、配当利回りは5.34%と高めになっています。

2017.3期以降、増配はなく現状を維持しています。しばらくは増配は考えにくいため、株価が希望する利回りになるまで、待っても良いかなと考えています。

一方で、世界的にも進められている、再生可能エネルギー事業にも積極的であるため、ちょっとした好材料で、一気に株価が回復するかもしれないと、買い時を探っているところです。

 

レポートは月1回ですが、ツイッターでは最新ポートフォリオをつぶやいています。よろしければ、ご覧ください。

 

最新又は過去のレポートは、日本株レポート の検索結果より確認できます。

 

関連記事

会社員が手軽に年50回の配当を日本株投資で得るための3ステップ

会社員が手軽に年100回の配当を米国株投資で得るための3ステップ