NISA SCHOOL

独学で資産形成を目指すブログ

2020年10月度日本株レポート|高配当銘柄になったSANKYOをメンバーに迎えました

f:id:nisaschool:20200803191205j:plain

こんにちは、永松です。6.22から米国株配当投資を始め、以前より配当投資に詳しくなりました。(参考:2020年7月度米国株レポート|バイオ銘柄を購入し、19銘柄のポートフォリオに

米国株で得た知識を、「日本株でも活かしてみたい」と思い、2020年6月末から、日本株の配当投資を本格的に始めました。

毎月、ポートフォリオ、トータルリターン、配当実績を記録していきます。

「日本株配当投資では、どれくらいのリスクやリターンがあるのか知りたい」という方の参考になれば、幸いです。

 

 

2020年10月度の主要指数の振り返り

2020.10.1~10.30において、日本株の主要指数は、次の通りでした。

参考値として、米国株のNYダウ、ナスダック、S&P500も記載しています。

指数 10月1日 10月30日 リターン
日経平均* 23029.90 22977.13 -0.23%
TOPIX* 1609.22 1579.33 -1.86%
NYダウ 27816.90 26501.60 -4.73%
ナスダック 11326.51 10911.59 -3.66%
S&P500 3380.80 3269.96 -3.28%

*:10.1に日本証券取引所のシステム障害があり、取引停止になったため、月初のデータは10.2のデータを記載しています。

 

日経平均及びTOPIXは、小幅なマイナスリターンでした。

一方、米国株指数は、9月は大幅な下落しましたが、10月も-4.73%~-3.28%と下落しました。

世界的にはまだまだ新型コロナ感染症の拡大が続いています。また、米国大統領選も控えており、株価が不安定な状況が続いています。

一方、日本では感染症は抑え込まれつつあり、少しずつではありますが経済の回復の道筋も見えてきました。

しかしながら、冬になるにつれ、インフルエンザとの同時流行も懸念されているため、先行き不透明感は続くと思われます。

 

2020年10月度のポートフォリオ・リターン・配当実績

私の投資方針は、「高配当銘柄に分散投資し、配当金を再投資し複利成長させる」です。長期保有にこだわらず、より良い銘柄を見つければ、乗り換えします。

まずは、初期投資10万円程度から始めることにしました。

取引は、1株単位で株式が取引できる、SBIネオモバイル証券を利用しています。

ネオモバイル証券は、月50万円までの売買なら月額200円(税別)で利用できます。Tポイントが毎月200pt還元されるので、実質税分20円で取引し放題です。

また、Tポイントは、株式の購入に無駄なく利用できるので、気に入っています。

 

10月度のポートフォリオは、高配当銘柄になったSANKYOを追加

ポートフォリオは、マネックス証券のスクリーニングで、配当利回り4.5%以上で株式を抽出後、個別銘柄の業績、配当実績、配当性向(当期利益ベース、フリーキャッシュフローベース)を分析して選別しています。

 

9月は、次の9銘柄に投資していました。詳しくは、「2020年9月度日本株レポート|スカラは配当に加え、値上げ益にも期待できる?」でまとめています。

日本株8月度ポートフォリオ

 

10月は、株価が下落したら購入しようと思っていた、SANKYO(6417)をポートフォリオに追加しました。

日本株,配当株ポートフォリオ

 

SANKYOは、パチンコ・パチスロ機等の遊技機を販売する会社です。

配当は年150円の固定金額が続いていました。

次のチャートは、過去1年の株価推移です。[2020.10.30時点]

SANKYO,株価推移

 [出典:SBIネオモバ証券]

 

新型コロナ感染症拡大前は、3500円~4000円前後で推移していました。この時の想定配当利回りは、3.75%~4.28%と計算されます。

悪くない利回りですが、「今すぐに投資したい」と判断するには至りませんでした。

コロナショックが起こり、株価が3000円を切るほど大きく下落しました。

その後、日本株が回復する中、SANKYOはいまだ元の水準に戻っていません。新型コロナの影響で、パチンコ・パチスロ店の休業が相次いだことが、大きな痛手になっていました。

最も低かった株価は、7.9の2593円です。この時の想定利回りは、5.78%と計算されます。株価下落に伴い、魅力的な配当利回りになりました。

 

2020年1Q(4-6月)の決算において、予想配当が未定であったので、減配も考えられたので、投資するか検討中でした。

その後、配当は150円支払うとなったので、メンバーに迎えても良いと判断しました。

あとはできるだけ、低い株価で購入する必要がありました。

理想的には2500円で、配当利回り6.0%です。しかしながら、そこまでは下がりそうもないと思い、2676円で購入しました。

株価上昇は難しいかもしれませんが、安定的な配当を目的とした投資には適していると考えてます。

詳しい配当分析は、「SANKYOは、配当株投資の候補銘柄として有りか無しか?」を参考にしてください。

 

その他の各銘柄の保有理由は、下記の記事を参考にしてください。

デンカは、配当株投資の候補銘柄として有りか無しか?

スカラは、配当株投資の候補銘柄として有りか無しか?

ポーラオルビスHDは、配当株投資の候補銘柄として有りか無しか?

アサヒホールディングスは、配当株投資の候補銘柄として有りか無しか?

藤商事は、配当株投資の候補銘柄として有りか無しか?

伊藤忠エネクスは、配当株投資の候補銘柄として有りか無しか?

あおぞら銀行は、配当株投資の候補銘柄として有りか無しか?

三井住友フィナンシャルグループは、配当株投資の候補銘柄として有りか無しか?

兼松は、配当株投資の候補銘柄として有りか無しか?

 

10月度のリターンは+7.57%

10.30時点、買付総額133,893円に対し、評価額で144,023円で、+10,103円で割合にすると+7.57%でした。

リターン内訳は、次の通りでした。

銘柄 買付額 評価額 リターン
デンカ 12,975 16,000 23.31%
スカラ 10,950 13,425 22.60%
ポーラオルビスHD 20,850 20,580 -1.29%
アサヒHD 14,160 16,975 19.88%
藤商事 17,525 18,050 3.00%
SANKYO 13,380 13,290 -0.67%
兼松 8,197 8,638 5.38%
伊藤忠エネクス 12,855 14,655 14.00%
あおぞら銀行 5,127 5,124 -0.06%
三井住友F 17,874 17,286 -3.29%
合計金額 133,893 144,023 7.57%

 

10銘柄のうち、6銘柄が3.00%~23.31%とプラスリターン、4銘柄が-3.29%~-0.06%とマイナスリターンでした。

10月中旬までは含み益が大きかったですが、月末に米国のあおりを受けて、株価が下落しプラスリターンはやや少なくなりました。

 

アサヒホールディングスからの配当が確定

保有していたアサヒホールディングスの中間配当(9.30分)が確定しました。1株あたり80円支払われます。支払いは11.20です。

配当累計額は、次の通りです。

10月までの配当累計額は、9月と変わらず280円です。

 

年間配当予想額と、私の平均取得単価における配当利回りは、次の通りです。

銘柄 配当予想額
(円)
平均取得単価
(円)
配当利回り
デンカ 未開示 2595 ---
スカラ 32 730 4.38%
ポーラオルビスHD 80 2085 3.84%
アサヒHD 160 2832 5.65%
藤商事 50 701 7.13%
SANKYO 150 2676 5.61%
兼松 60 1171 5.12%
伊藤忠エネクス 44 857 5.13%
あおぞら銀行 122 1709 7.14%
三井住友F 190 2979 6.38%

 

配当利回りは、3.84%~7.14%と予想されます。ポーラオルビスHDは、取得単価が高く、配当利回りが低めです。

9.30時点、デンカの配当予想額は、中間配当は60円、期末配当は未定です。

 

今後の方針

デンカは、期末配当予想が未定のため、11月に発表予定の決算短信には注意しています。配当停止になった場合は、売却を検討します。

その他の銘柄は、今のところ見通しに問題ないので、経過を観察します。

10月末に株価が下落し始めました。11月は大幅な下落局面があれば、積極的に買い増しを予定しています。

その他、新規銘柄の配当分析も行っていく予定です。

 

レポートは月1回ですが、ツイッターでは最新ポートフォリオをつぶやいています。よろしければ、ご覧ください。

 

関連記事

会社員が手軽に年50回の配当を日本株投資で得るための3ステップ

会社員が手軽に年100回の配当を米国株投資で得るための3ステップ