NISA SCHOOL

独学で資産形成を目指すブログ

不動産クラウドファンディング・ジョイントアルファの利回りはどれくらい?

執筆者:NISA SCHOOL 永松 龍一郎(@nisaschool

f:id:nisaschool:20190921201401j:plain

ご存知のように、ジョイントアルファ(Jointo α)は、1口10万円から不動産投資できるクラウドファンディングです。

東証一部上場企業である、あなぶき興産(株式コード8928)が運営しています。

 

ジョイントアルファでの投資を検討中なら、「どんな商品があるのか、どれくらいのリターン(利回り、分配金)が期待できるのか」、事前に知っておきたいですよね。

そんなあなたのために、ジョイントアルファの全商品の利回り分析、をまとめています。

 

結論を先にいうと、以下です。

  • 想定利回り:年3.2%~6.0%
  • 想定運用期間:6ヶ月~12ヶ月
  • 最低申込金額時の想定分配金:1900円~5000円

ジョイントアルファを利用するか否かの参考にしていただけたら、幸いです。

 

 

更新履歴

  • 「谷町六丁目」を追加しました。[2021.3.6時点]

 

ジョイントアルファの商品

ジョイントアルファは、不動産特化型のクラウドファンディングですので、商品(ファンド)の投資対象はすべて不動産です。

ファンドは、次のようなものがあります。

  • 京都祇園マンション 1室
  • 大阪天王寺マンション 1室
  • 福岡天神マンション 1室
  • 高松駅前ゲストハウス 11室

多くの案件が各県の中心地のマンションです。日本の人口は減りつつありますが、中心地に住む人は増えています。そのため、不動産価格が上昇傾向にあるため、投資機会があると考えられています。

1室の募集金額は2千万円前後が多いです。ゲストハウスの募集金額は8千万円前後でした。

 

ジョイントアルファの利回り分析

2021.3.19時点では、17ファンドの募集がありました(募集中、予定も含む)。

利回り分布をわかりやすいように可視化しました。

横軸に運用期間(ヶ月)、縦軸に想定利回り(%/年)をプロットしています。

ジョイントアルファ,利回り

 

運用期間は6ヶ月~12ヶ月、想定利回りは年3.2%~5.0%です。安定した低・中リターンのファンド案件で構成されています。

 

以下に、各ファンドの運用期間(ヶ月)、想定利回り(%/年)、最低投資額である10万円投資したときの想定分配金(円)についてまとめています。募集が新しい順に並べています。

想定分配金は1900円~5000円でした。

ファンド名 運用期間 利回り 10万円投資時
小樽駅前 6 6.0 3000
谷町六丁目 12 3.3 3300
市川妙典 12 3.3 3300
豊洲タワー(第2回) 12 3.4 3400
大阪天王寺(第2回) 12 3.6 3600
福岡天神(第2回) 12 3.8 3800
新梅田 12 3.2 3200
学芸大学 12 3.2 3200
高松兵庫町 12 3.6 3600
長崎SC 12 3.8 3800
豊洲タワー2 12 3.4 3400
京都祇園2 6 3.8 1900
豊洲タワー 12 3.4 3400
大阪天王寺 12 3.6 3600
福岡天神 12 3.8 3800
高松駅前 12 5.0 5000
京都祇園 6 4.0 2000

 

まとめ

ジョイントアルファの商品は、想定運用期間が6ヶ月~12ヶ月、想定利回りが年3.2%~6.0%です。10万円投資時の想定分配金は、1900円~5000円でした。

あなたの希望するリターンか判断しましょう。

徐々に募集ファンド数も増えてきています。最新情報は、公式ページ「ジョイントアルファ ファンド一覧」をチェックしておきましょう。

 

関連記事

最新キャンペーンはコレ!不動産投資ジョイントアルファの賢い口座開設方法

不動産クラウドファンディングのおすすめの選び方はコレ

Copyright © ジョイントアルファ[Jointo α]