【一覧】不動産投資ジョイントアルファにおける商品はどれくらいのリターン・利回りが期待できるのか?



f:id:nisaschool:20190921201401j:plain

こんにちは。1口10万円から不動産投資できるジョイントアルファ(Jointo α)をご存知でしょうか。

東証一部上場企業である、あなぶき興産が運営する、不動産特化型クラウドファンディングです。

ジョイントアルファでの投資に興味があるけど、「どんな商品があるのか、どれくらいのリターンが得られるのか、事前に確認しておきたい」と思う方は多いです。

そんなあなたのため、ジョイントアルファにおける商品(ファンド)のリターン分析、をまとめています。[2019.10.15時点]

結論を先にいうと、以下です。

  • 想定利回り:年3.6%~5.0%
  • 10万円投資時(最低申込金額)の分配金:2000円~5000円

 

ジョイントアルファの特徴、メリットとデメリット、評判、始め方については下記の記事を参考にしてください。

>>【ジョイントアルファ】1口10万円からの不動産投資の始め方|特徴・メリットとデメリット・評判をまとめます!

 

 

ジョイントアルファの商品

ジョイントアルファは、不動産特化型のクラウドファンディングですので、商品(ファンド)の投資対象はすべて不動産です。

ファンドの収益は、以下2点から得られています。

  • 物件の家賃収入
  • 物件の売却益

 

ファンドの最終ゴールは、取得した不動産の売却です。売却を前提としているため、短期~中期の運用が想定されています。運用期間中に得られる家賃収入から私たちに分配金が支払われます。

ジョイントアルファでは優先/劣後出資方式を採用しているため、私たちの元本が優先して守られています。

詳しくは、下記の特徴を参照してください。

>>【ジョイントアルファ】1口10万円からの不動産投資の始め方|特徴・メリットとデメリット・評判をまとめます!

 

ジョイントアルファのリターン分析

2019.10.15時点では、4ファンドの募集がありました。リターン分布をわかりやすいように可視化しました。

横軸に運用期間(ヶ月)、縦軸に想定リターン(%/年)をプロットしています。

f:id:nisaschool:20191015183928j:plain

 

運用期間は6ヶ月~12ヶ月、想定リターンは年3.6%~5.0%です。安定した低・中リターンのファンド案件で構成されています。

ファンド案件としては、次のようなものがあります。

  • 京都祇園マンション 1室
  • 大阪天王寺マンション 1室
  • 福岡天神マンション 1室
  • 高松駅前ゲストハウス 11室

 

多くの案件が各県の中心地のマンションです。日本の人口は減りつつありますが、中心地に住む人は増えています。そのため、不動産価格が上昇傾向にあるため、投資機会があると考えられています。

1室の募集金額は2千万円前後が多いです。ゲストハウスの募集金額は8千万円前後でした。

以下に、各ファンドの運用期間(ヶ月)、想定リターン(%/年)、最低投資額である10万円投資したときの分配金(円)についてまとめています。募集が新しい順に並べています。

分配金は2000円~5000円でした。

ファンド名 運用期間 リターン 10万円投資時
大阪天王寺 12 3.6 3600
福岡天神 12 3.8 3800
高松駅前 12 5.0 5000
京都祇園 6 4.0 2000

 

次回のファンドは募集は、11月「豊洲ららぽーと タワーマンション」です。最新情報は、公式サイトをご確認ください。

Jointoα(ジョイントアルファ)

【 Jointoα(ジョイントアルファ)

 

関連記事

【ジョイントアルファ】1口10万円からの不動産投資の始め方|特徴・メリットとデメリット・評判をまとめます! 

【2019年10-11月版】不動産特化型クラウドファンディング投資・ジョイントアルファのお得なキャンペーン

Copyright © ジョイントアルファ[Jointo α] All Rights Reserved.