【ジョイントアルファ】1口10万円からの不動産投資の始め方|特徴・メリットとデメリット・評判をまとめます!



f:id:nisaschool:20191002193828j:plain

こんにちは。1口10万円から不動産投資できるジョイントアルファ(Jointo α)をご存知でしょうか。

東証一部上場企業である、あなぶき興産が運営する、不動産特化型クラウドファンディングです。

ジョイントアルファで不動産投資をしてみたいけど、その特徴、メリットやデメリット、評判が気になるのではないでしょうか。

本ページでは、ジョイントアルファの特徴・メリットとデメリット・評判と始め方をまとめています。始める前に必要最低限の知識をつけて、十分に検討しましょう。

 

 

ジョイントアルファのおさえておきたい4つの特徴

次の4つだけ知っておきましょう。

  1. 運営会社は、東証一部上場企業
  2. 比較的少額から投資可能で、面倒な手続きはなくネットで完結
  3. 投資対象は、好立地な不動産
  4. リスクを抑えた仕組みで、安定的な分配金を実現

 

ジョイントアルファは、東証一部市場に株式公開している、あなぶき興産(証券コード:8928)が運営しているクラウドファンディング・サービスです。

ジョイントアルファのサービスは、2019年7月にスタートしましたが、あなぶき興産は創業1964年の老舗会社です。本社は香川県です。

不動産サービス、施設管理サービス、マンション管理サービス、シニア関連サービスと不動産関連サービスを幅広く行っています。

 

ジョイントアルファを知って、初めてあなぶき興産を分析したのですが、増収増益で「隠れた優良企業なのでは」と思ってしまいました。

下記に、過去10年間の株価の推移を見ると、2013年に一気に注目され、過去5年間は安定して推移しています。

f:id:nisaschool:20191002195824j:plain

[出典:SBI証券]

 

2020年の予想PER(割安度)は4.76倍、予想EPS(1株当りの利益)は675円、配当利回りは3.93%と高いです。[2019.8.26時点]

株価は、本サービスとは直接的には関係はありませんが、不動産のプロによる運営であることは間違いないです。

 

投資対象の不動産は、好立地なマンションが多め!

f:id:nisaschool:20191002210020j:plain

 

2019.10.2時点、以下3つのファンドが成立しています。[ ]内は想定利回りです。

  • アルファアセットファンド京都祇園[4.0%/年]※上記写真
  • アルファアセットファンド高松駅前[5.0%/年]
  • アルファアセットファンド福岡天神[3.8%/年]

いずれも好立地条件のファンドが多いように思います。ジョイントアルファの収益は、家賃収入と売却益から発生します。その点を考慮すると、空室ができては困りますし、売却しにくい立地でも困ります。

そうなると、住みたいと思う人がいて、買いたいと思う人がいる好立地条件の不動産を選定している点は、納得できます。

今後、大阪天王寺と東京豊洲のマンションのファンド募集も予定されています。

 

ジョイントアルファでは、1口10万円と比較的少額から投資できます。

これまで不動産投資する場合、大きなお金が必要でした。小さいお金を投資したい人から集めて、一つの資金として投資するクラウドファンディング形式で運用されているため、少額から投資できるようになりました。

通常の不動産投資には、物件調査、書類申請、物件メンテナンスなど多くの手間がかかります。その点をジョイントアルファが実施しています。その結果、私たちはネット上で物件を選ぶだけで面倒なく取引ができます。

 

ジョイントアルファでは、私たちが損しにくい仕組み(優先・劣後出資方式)が採用されています。

f:id:nisaschool:20191002201917j:plain

[出典:Jointoα(ジョイントアルファ)

 

ファンドの出資には、優先出資者[私たち]と劣後出資者[運営元]の両者が行っています。

もし、ファンドの元本損失が生じた場合、第一に運営元出資分からその金額が引かれます。それで負担しきれない部分について、私たちの出資分から金額が引かれます。つまり、損失額にもよりますが、比較的私たちが有利になる仕組みが採用されています。

逆の見方をすると、運営元も当然損はしたくないので、物件選定は慎重に実施されていると推測しています。運営元もリスクを共にすることで、私たちとWin-Winな関係を築いています。

以上、4点をおさえておきましょう。

 

 

ジョイントアルファのメリットとデメリット

次にメリットとデメリットです。

メリットは、特徴でも挙げた「優先・劣後出資方式を採用していること」、そして「10万円と比較的少額で投資できること」です

デメリットは、元本割れする恐れがあることです。当然ですが、投資にはリスクがあります。投資のリスクとは、不確実性です。不確実性とは、損するかもしれないし、得をするかもしれない変動のことです。

 

ジョイントアルファの評判

運営会社の信頼性が高いことはその通りですが、ジョイントアルファは、まだ始まったばかりのサービスですので、公式サイトで評判は記載されていませんでした。

2019.10.2時点、募集していたファンド(累計募集金額:1億2250万円)はすべて満額を達成しています。

 

手数料について

口座開設費用と口座維持費用は無料です。かかる費用としては「投資するお金の振込手数料」です。振込手数料については、各銀行の無料振込で行うべきでしょう。

元本償還時、分配金支払時の手数料については、運営元が負担します。

募集ファンドに関して、クーリングオフ制度があります。契約締結時交付書面の交付を受けた日から起算して 8 日を経過するまでの間であれば、マイページ上から、申込を撤回でき、手数料も発生しません。

 

会員登録の方法

会員登録は簡単です。必要なものは、本人確認書類とマイナンバーです。手順は次の通りです。

1.公式サイトにアクセスします。

>>【 Jointoα(ジョイントアルファ) 】

 

2.すると、次のトップ画面が表示されます。「無料会員登録」から手続きに進みます。

f:id:nisaschool:20191002210128j:plain

 

3.あとは、以下の流れで手続きが進みます。仮メールが届くので、本会員申込手続きを行います。その後、本人確認書類とマイナンバーを登録して、審査を待つだけです。

 

キャンペーンについて

下記にまとめています。

>>不動産特化型クラウドファンディング投資・ジョイントアルファのお得なキャンペーン

その他、詳細な情報は公式サイトをご確認ください。

Jointoα(ジョイントアルファ)

【 Jointoα(ジョイントアルファ) 】

 

関連記事

【一覧】不動産投資ジョイントアルファにおける商品はどれくらいのリターン・利回りが期待できるのか?

Copyright © ジョイントアルファ[Jointo α] All Rights Reserved.