NISA SCHOOL

独学で資産形成を目指すブログ

東和ハイシステム(4172)のIPO当選の狙い目証券会社はココ!

執筆者:NISA SCHOOL 永松 龍一郎(@nisaschool

f:id:nisaschool:20201123000038j:plain

こんにちは。東和ハイシステム株式会社(銘柄コード:4172)が、2020.12.25にJASDAQに上場が決まりました。

東和ハイシステムのIPO抽選に申込したいという方のため、IPOの基本情報、狙い目証券会社、初値分析をまとめています。

 

 

更新履歴

  • 初値分析を追記しました。[2020.12.27]

 

東和ハイシステムとはどんな会社?

東和ハイシステムは、「歯科電子カルテシステム」に特化した研究開発からシステムサポートまで自社で一貫して提供している企業です。

電子カルテ機能、レセプト機能、インフォームドコンセント機能等を一元的に管理できるシステムです。

これをタブレット端末(iPad)に連携しています。

歯科定期健診に行くのですが、ここ数年で歯のチェック時にiPadを使っているなと思っていたのですが、これからもしれないです。

 

国内におけるユーザー数は、2020年10月末時点、3135件です。ブロック別シェアは、四国ブロック(シェア36.9%)、中国ブロック(25.5%)、九州ブロック(14.7%)、関西ブロック(9.8%)、関東ブロック(0.4%)となっています。

今後の開拓市場として、関西と関東が挙げられていました。

過去5年間の買い替え更新比率も95.6%と高いです。

今後は、新規開発計画では、クラウド基盤を活用した商品サービスとして、クラウド型予約システム、オンライン診療システム、経営分析システム等が挙げられています。

 

目論見書によると、直近3年の業績推移は次の通りでした。

売上高は、2018.9期から2019.9期は対前年比で-6.6%とやや減少しています。

それに伴い、経常利益と当期利益も、やや減少しています。

東和ハイシステム,売上高

決算期 売上高 経常利益 当期利益
2017.9 2,024,569 410,568 330,102
2018.9 2,041,405 454,896 303,311
2019.9 1,906,425 386,356 237,420

※単位:千円

 

公式ホームページ「2021 年9月期の業績予想について」では、2020.9期の実績と、2021.9期の業績予想が開示されています。

2020.9期の売上高は1910(百万円)、経常利益は398(百万円)、当期利益は245(百万円)と前年と比べ増加していました。

また、2021.9期の売上高は2147(百万円)、経常利益は416(百万円)、当期利益266(百万円)と大きく増加すると予想されています。

 

また、キャッシュフロー(CF)は次の通りでした。

営業CFはプラスを維持しています。フリーCFもプラスで推移しています。

現金・現金等価物は2019.9期では対前年比で+16.6%増加しています。

フリーCFを見る理由に関心がある方は、「松井証券は、配当株投資の候補銘柄として有りか無しか?」の配当性向(当期利益・フリーCFベース)の項を参考ください。

東和ハイシステム,キャッシュフロー

決算期 営業CF 投資CF 財務CF 現金・現金等価物 フリーCF
2017.9 --- --- --- --- ---
2018.9 290,400 233,784 83,601 1,174,617 524,184
2019.9 282,152 297,379 -384,064 1,370,085 579,531

※単位:千円

 

東和ハイシステムのIPOスケジュール

各スケジュールは、次の通りです。

  • 上場日:2020.12.25
  • IPO抽選申込期間:2020.12.10~12.15
  • IPO抽選日:2020.12.16
  • 購入申込期間:2020.12.17~12.22

 

東和ハイシステムのIPO当選は、どこの証券会社が狙い目?

東和ハイシステムのIPOでは、次の3通りの株式募集があります。[2020.11.23時点]

  • 公募:200,000株[当選本数:2,000本]
  • 売出し(引受人の買取引受):200,000株[2,000本]
  • 売出し(オーバーアロットメント;OA):60,000株[600本]

 

公募は、上場時に新規に発行される株式です。

売出し(引受人の買取引受)は、既存株主から証券会社が株式を買い取り、投資家に売出される株式です。

売出し(OA)は、事前に予想していた需要を超えて投資家が申込した場合に、追加で売出される株式です。

当選本数は、合計4,600本と当たりにくそうです。

 

抽選申込可能な証券会社の内訳は、次の通りです。

種別 証券会社 割当株数 当選本数
公募 野村 200,000 2,000
売出し(買取引受) 野村 152,000 1,520
SBI 20,000 200
みずほ 12,000 120
SMBC日興 12,000 120
楽天 4,000 40
売出し(OA) 野村 200,000 2,000

 

公募、売出し(買取引受)、及び売出し(OA)5520本の当選がある野村証券が狙い目かと思われます。

 

東和ハイシステムの初値分析

株価が割安か割高かに判断するために、PER(株価収益率)やPBR(株価純資産倍率)を用います。

PERは株価÷EPS(1株あたりの当期純利益)、PBRは株価÷BPS(1株あたりの純資産)で算出されます。

東和ハイシステムの直近のEPSとBPSは次の通りでした。[2020.11.23時点]

決算期 EPS BPS
2017.9 123.52 1001.76
2018.9 178.24 1141.06
2019.9 120.64 1240.93

 

発行済み株式数が、2017.9期は52,650株、2018.9期は82,000株、2019.9期は82,000株となっています。

 

東和ハイシステムの初値分析では、次のことを抑えておきましょう。

  • 想定発行価格:2180円(2180円~2300円)
  • 想定発行価格におけるPER*:18.07倍
  • 想定発行価格におけるPBR*:1.75倍
  • 発行価格:2300円
  • 初値:5300円
  • 初値売却時リターン:+3000円(+130.4%)

*2019.9期のEPSとBPSを元に算出。IPO調達分を考慮しない。

 

初値は、+130.4%と大幅に上昇しました。

2020.12.25に、「東京証券取引所JASDAQへの上場に伴う当社決算情報等のお知らせ」が開示されました。

IPOセカンダリー狙いの方は、十分に読んでおきましょう。

2021.9期の売上高は2147百万円と、対前年比で+12.4%が予想されています。当期利益は266百万円と、対前年比+8.7%が予想されています。

2020.12.25終値ベース(4300円)では、PER35.48倍、PBR3.2倍となっています。

 

その他の銘柄については、「2020年IPO銘柄(新規公開株式)のスケジュール・上場日・初値リターン」で一覧をまとめています。

 

関連記事

ネオモバ証券1株IPOのメリットとデメリット、最新の取扱銘柄はコレ!

SBIネオモバイル証券1株IPOの当選確率を上げる3つの方法