【SBI証券】IPO公募価格が下限で決まったら公募割れの恐れ?辞退した方が良い?辞退にペナルティはあるの?



f:id:nisaschool:20190806194335j:plain

こんにちは。IPOをご存知でしょうか。Initial Public Offeringの略で新規上場株です。誰でも抽選に申し込むことができ、当たれば購入することができます。このIPOは、宝くじともいわれています。

IPOに当たりましたか。おめでとうございます。でも、「公募価格が下限値、上場日に公募割れするか不安なんだよな」と思っていませんか。

私にも経験があります。悩んだ挙句、辞退しました。

今回は、IPO公募価格が下限で決まった場合辞退すべきか、辞退によるペナルティ、SBI証券におけるIPO当選後の辞退方法についてまとめています。

 

 

IPO公募価格が下限で決まった場合辞退すべきか?

2019年に私が悩んだIPOは、株式会社ステムリムです。「発行価格又は売出価格」は、1000円~1700円でした。大型案件で需要が少なかったのか、発行価格が1000円と下限値になりました。

過去の統計上、発行価格が下限値に決まると、公募割れ(上場日の初値が、発行価格を下回ること)となる場合が多いです。つまり、マイナスからスタートする可能性が高いということです。

IPOは初値で売ってプラスにする戦略が王道であるため、今回のようなケースの場合は初値で損を確定することになるので、辞退することにしました。

ステムリムの初値(上場日:2019.8.9)は930円でした。公募価格に対し-70円で、公募割れでした。もし、100株購入していた場合で初値で売れば-7000円です。残念ながら、統計通りの結果となりました。

株価は、需要と供給のバランスもありますので、ステムリムが優良ではないということではありません。

上場後の値動きは、下記の通りです。現在の価格は1000円です。[2019.10.9時点]

f:id:nisaschool:20191009222001j:plain

 

年初最安値は797円[2019.9.18]、年初最高値は1088円[2019.8.29]でした。

初値で売らずに少し待てばプラスにはなっていました。9月中旬に大幅に下落し、10月上旬に向けて回復しました。

 

SBI証券におけるIPO辞退のペナルティ

SBI証券では、IPO当選後に辞退してもペナルティはありません。ただし、SBIチャレンジポイントを使って申込した場合は、そのポイントが消失するのでポイント利用には十分に注意しましょう。

SBI証券の他、マネックス証券でもペナルティはないので、気軽にIPOに申し込めるのでオススメです。

>>【 SBI証券 口座開設(無料) 】 

>>【 マネックス証券

一部の他社では、辞退ができなかったり、1ヶ月間IPOの申込ができないことがあるので、安易に申し込むのは危険ですので、ご注意ください。

 

SBI証券におけるIPO当選後の辞退方法

辞退の方法についてまとめておきます。

1.SBI証券のマイページにログインし、IPOの画面を表示します。

2.すると、次の画面が表示されます。購入意思表示の「辞退」をクリックします。

f:id:nisaschool:20190806195845j:plain

 

3.すると、次の画面が表示されます。取引パスワードを入力して、「辞退する」をクリックします。

f:id:nisaschool:20190806195929j:plain

 

4.すると、次の画面が表示され完了です。

f:id:nisaschool:20190806200125j:plain

 

IPOの画面に戻ると、下記の画面が表示されます。

f:id:nisaschool:20190806200236j:plain

 

関連記事 

知らなきゃ損!IPO(新規上場株)を確実当てるにはSBI証券がオススメな理由

IPO(新規上場株)で完全平等抽選を受けたいならマネックス証券がオススメ!

© SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.