NISA SCHOOL

独学で資産形成を目指すブログ

ポピンズホールディングス(7358)のIPO当選の狙い目証券会社はココ!

f:id:nisaschool:20201201204557j:plain

こんにちは。株式会社ポピンズホールディングス(銘柄コード:7358)が、2020.12.21に東証1部 or 2部に上場が決まりました。

ポピンズホールディングスのIPO抽選に申込したいという方のため、IPOの基本情報、狙い目証券会社、初値分析をまとめています。

 

 

更新履歴

  • 初値分析を追記しました。[2020.12.23]

 

ポピンズホールディングスとはどんな会社?

ポピンズホールディングスは、在宅サービス事業とエデュケア事業(保育・学童施設の運営)等を行う企業です。

在宅サービス事業では、ナニーサービス(子育てのプロフェッショナル)、ベビーシッターサービス、シルバーケアサービス、家事支援サービスがあります。

エデュケア事業では、認可保育所や企業主導型保育所等の運営を行っています。官公庁・自治体や企業での実績もあります。

SDGsにも積極的に取り組んでいる企業です。

 

目論見書によると、直近3年の業績推移は次の通りでした。

売上高は、緩やかな右肩上がりで上昇しており、2017.12期→2018.12期は+16.6%、2018.12期→2019.12期は+25.8%となっています。

当期利益は、やや減少しています。

ポピンズホールディングス,売上高

決算期 売上高 経常利益 当期利益
2017.12 14,680 374 66
2018.12 17,127 998 222
2019.12 21,548 1,360 900

※単位:百万円

 

また、キャッシュフロー(CF)は次の通りでした。

営業CFは、プラスを維持しており、2019.12期は大幅に増加しています。フリーCFは、2018.12期はマイナスであるものの、2019.12期はプラスに転じています。

現金・現金等価物は、増加しています。

フリーCFを見る理由に関心がある方は、「松井証券は、配当株投資の候補銘柄として有りか無しか?」の配当性向(当期利益・フリーCFベース)の項を参考ください。

ポピンズホールディングス,キャッシュフロー

決算期 営業CF 投資CF 財務CF 現金・現金等価物 フリーCF
2017.12 --- --- --- --- ---
2018.12 19 -399 1,377 3,411 -380
2019.12 1,295 -716 68 4,058 579

※単位:百万円

※連結決算

 

ポピンズホールディングスのIPOスケジュール

各スケジュールは、次の通りです。

  • 上場日:2020.12.21
  • IPO抽選申込期間:2020.12.4~12.10
  • IPO抽選日:2020.12.11
  • 購入申込期間:2020.12.14~12.17

 

ポピンズホールディングスのIPO当選は、どこの証券会社が狙い目?

ポピンズホールディングスのIPOでは、次の3通りの株式募集があります。[2020.12.1時点]

  • 公募:1,100,000株[当選本数:11,000本]
  • 売出し(引受人の買取引受):2,150,000株[21,500本]
  • 売出し(オーバーアロットメント;OA):487,500株[4,875本]

 

公募は、上場時に新規に発行される株式です。

売出し(引受人の買取引受)は、既存株主から証券会社が株式を買い取り、投資家に売出される株式です。

売出し(OA)は、事前に予想していた需要を超えて投資家が申込した場合に、追加で売出される株式です。

当選本数は、合計37,375本とかなり当たりにくそうです。

 

抽選申込可能な証券会社の内訳は、次の通りです。

種別 証券会社 割当株数 当選本数
公募 大和 1,100,000 11,000
売出し(買取引受) 大和 1,825,000 18,250
SBI 162,500 1,625
みずほ 97,500 975
SMBC日興 65,000 650
売出し(OA) 大和 487,500 4,875

 

公募、売出し(買取引受)及び売出し(OA)34,125本の当選がある、大和証券が狙い目かと思われます。

 

ポピンズホールディングスの初値分析

株価が割安か割高かに判断するために、PER(株価収益率)やPBR(株価純資産倍率)を用います。

PERは株価÷EPS(1株あたりの当期純利益)、PBRは株価÷BPS(1株あたりの純資産)で算出されます。

ポピンズホールディングスの直近のEPSとBPSは次の通りでした。[2020.11.29時点]

決算期 EPS BPS
2017.12 20668.09 132215.48
2018.12 17.86 160.98
2019.12 36.81 172.48

 

発行済み株式数が、2017.12期は10,863株、2018.12期は217株、2019.12期は8,680,000株となっています。

 

ポピンズホールディングスの初値分析では、次のことを抑えておきましょう。

  • 想定発行価格:2850円(仮条件:2650円~2850円)
  • 想定発行価格におけるPER*:77.42倍
  • 想定発行価格におけるPBR*:16.52倍
  • 発行価格:2850円
  • 初値:2679円
  • 初値売却時リターン:-171円(-6.0%)

*2019.12期のEPSとBPSを元に算出。IPO調達分を考慮しない。

 

初値は、-6.0%と少し下落しました。

2020.12.21に、「東京証券取引所第一部への上場に伴う当社決算情報等のお知らせ」が開示されました。

IPOセカンダリー狙いの方は、十分に読んでおきましょう。

2020.12期の売上高は22,814百万円と、対前年比で+5.9%が予想されています。当期利益は1020百万円と、対前年比で+13.3%が予想されています。

2020.12.23終値ベース(2611円)では、PER25.81倍、PBR10.89倍となっています。予想配当利回りは1.30%です。

 

その他の銘柄については、「2020年IPO銘柄(新規公開株式)のスケジュール・上場日・初値リターン」で一覧をまとめています。

 

関連記事

ネオモバ証券1株IPOのメリットとデメリット、最新の取扱銘柄はコレ!

SBIネオモバイル証券1株IPOの当選確率を上げる3つの方法