NISA SCHOOL

独学で資産形成を目指すスクール

Kaizen Platform(4170)のIPO当選の狙い目証券会社はココ!

執筆者:NISA SCHOOL 永松 龍一郎(@nisaschool

f:id:nisaschool:20201127205126j:plain

こんにちは。株式会社Kaizen Platform(銘柄コード:4170)が、2020.12.22に東証マザーズに上場が決まりました。

Kaizen PlatformのIPO抽選に申込したいという方のため、IPOの基本情報、狙い目証券会社、初値分析をまとめています。

 

 

更新履歴

  • 初値分析を追記しました。[2020.12.23]

 

Kaizen Platformとはどんな会社?

Kaizen Platformは、企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)推進を支援するプラットフォームサービスを提供する企業です。

具体的には、クライアントのサービスをわかりやすく、使いやすくすることで、KPIを改善するUX(ユーザーエスクペリエンス)ソリューションと、5G時代の動画制作ソリューションを提供しています。

2020年9月時点で、累計登録ユーザー数は16480名で、累計取引社数は772社と大きく伸ばしています。

2020年は、各社が感染症の影響のためWEBへのシフトしたことで、大きく成長しています。

 

目論見書によると、直近3年の業績推移は次の通りでした。

売上高は、右肩上がりで上昇しており、2017.12期→2018.12期は+207%と大幅増加、2018.12期→2019.12期は+37.7%と物凄い成長率です。

当期利益も、現状ではまだマイナスです。

2020.12期3Q時点では、売上高は1,192,932(千円)まできており、当期利益12,477(千円)と黒字化しています。

Kaizen Platform,売上高

決算期 売上高 経常利益 当期利益
2017.12 454,769 -113,256 -188,522
2018.12 943,434 -498,123 -513,990
2019.12 1,299,370 -234,543 -249,061

※単位:千円

 

また、キャッシュフロー(CF)は次の通りでした。

営業CFは、マイナスですが、2018.12期→2019.12期では大幅に増加しています。フリーCFも、それに伴い増加しています。

現金・現金等価物は、2019.12期は大幅に増加しています。

フリーCFを見る理由に関心がある方は、「松井証券は、配当株投資の候補銘柄として有りか無しか?」の配当性向(当期利益・フリーCFベース)の項を参考ください。

Kaizen Platform,キャッシュフロー

決算期 営業CF 投資CF 財務CF 現金・現金等価物 フリーCF
2017.12 --- --- --- --- ---
2018.12 -448,798 -70,709 75,006 381,131 -519,507
2019.12 -68,308 -142,329 762,288 930,148 -210,637

※単位:千円

※提出会社のもの

 

Kaizen PlatformのIPOスケジュール

各スケジュールは、次の通りです。

  • 上場日:2020.12.22
  • IPO抽選申込期間:2020.12.7~12.11
  • IPO抽選日:2020.12.14
  • 購入申込期間:2020.12.15~12.18

 

Kaizen PlatformのIPO当選は、どこの証券会社が狙い目?

Kaizen PlatformのIPOでは、次の3通りの株式募集があります。[2020.11.27時点]

  • 公募:1,550,000株[当選本数:15,500本]
  • 売出し(引受人の買取引受):3,459,300株[34,593本]
  • 売出し(オーバーアロットメント;OA):751,300株[7,513本]

 

公募は、上場時に新規に発行される株式です。

売出し(引受人の買取引受)は、既存株主から証券会社が株式を買い取り、投資家に売出される株式です。

売出し(OA)は、事前に予想していた需要を超えて投資家が申込した場合に、追加で売出される株式です。

当選本数は、合計57,606本と当たりやすそうです。

 

抽選申込可能な証券会社の内訳は、次の通りです。

種別 証券会社 割当株数 当選本数
公募 SBI 1,550,000 15,500
売出し(買取引受) SBI 1,706,200 17,062
クレディ・スイス 1,252,300 12,523
大和 200,400 2,004
モルガン・スタンレー 150,300 1,503
みずほ 50,100 501
岡三 25,000 250
エイチ・エス 25,000 250
岩井コスモ 25,000 250
極東 25,000 250
売出し(OA) SBI 751,300 7,513

 

公募、売出し(買取引受)及び売出し(OA)40,075本の当選があるSBI証券が狙い目かと思われます。

 

Kaizen Platformの初値分析

株価が割安か割高かに判断するために、PER(株価収益率)やPBR(株価純資産倍率)を用います。

PERは株価÷EPS(1株あたりの当期純利益)、PBRは株価÷BPS(1株あたりの純資産)で算出されます。

Kaizen Platformの直近のEPSとBPSは次の通りでした。[2020.11.27時点]

決算期 EPS BPS
2017.12 -46.03 -28.06
2018.12 -84.59 -112.66
2019.12 -40.99 -153.65

※提出会社のもの

 

発行済み株式数が、2017.12期は12,886,238株、2018.12期は12,886,238株、2019.12期は13,874,473株となっています。

 

Kaizen Platformの初値分析では、次のことを抑えておきましょう。

  • 想定発行価格:1100円(仮条件:1100円~1150円)
  • 想定発行価格におけるPER*:算出せず
  • 想定発行価格におけるPBR*:算出せず
  • 発行価格:1150円
  • 初値:1170円
  • 初値売却時リターン:+20円(+1.7%)

*2019.12期のEPSとBPSを元に算出。IPO調達分を考慮しない。EPS及びBPSがマイナスのため、算出していません。

 

初値は、+1.7%とほんの少し上昇しました。

2020.12.22に、「成長に関する資料」と「東京証券取引所マザーズへの上場に伴う当社決算情報等のお知らせ」が開示されました。

IPOセカンダリー狙いの方は、十分に読んでおきましょう。

2020.12期の売上高は1653百万円と、対前年比で+22.0%が予想されています。当期利益は-31百万円とマイナスですが、前年よりはプラスです。

2020.12.23終値ベース(1570円)では、PBR21.43倍となっています。利益がマイナスのため、PERは未算出です。

 

その他の銘柄については、「2020年IPO銘柄(新規公開株式)のスケジュール・上場日・初値リターン」で一覧をまとめています。

 

関連記事

ネオモバ証券1株IPOのメリットとデメリット、最新の取扱銘柄はコレ!

SBIネオモバイル証券1株IPOの当選確率を上げる3つの方法