NISA SCHOOL

独学で資産形成を目指すブログ

交換できるくん(7695)のIPO当選の狙い目証券会社はココ!

f:id:nisaschool:20201121143948j:plain

こんにちは。交換できるくん(銘柄コード:7695)が、2020.12.23に東証マザーズに上場が決まりました。

交換できるくんのIPO抽選に申込したいという方のため、IPOの基本情報、狙い目証券会社、初値分析をまとめています。

 

 

交換できるくんとはどんな会社?

交換できるくんは、住宅設備の故障や劣化などによる機器交換時のニーズに対して、住宅設備機器と工事をセットで販売するeコマース事業を展開する企業です。

主に、キッチンまわり、トイレ・洗面室・浴室まわりなどがあります。

2020年3月期では、年間3万件の実績があります。

その実績を元に、見積もりはWEBで完結できるようになっています。WEB集客~注文まではデジタルを有効活用、交換工事のみアナログで実施しています。

 

下記の動画がわかりやすいです。

youtu.be

 

目論見書によると、直近3年の業績推移は次の通りでした。

売上高は、2020.3期は対前年比で+16.9%に伸びています。

経常利益と当期利益もプラスに転じています。

交換できるくん,売上高

決算期 売上高 経常利益 当期利益
2018.3 3,534,219 98,363 67,558
2019.3 3,426,571 -81,411 -135,769
2020.3 4,008,308 171,655 133,542

※単位:千円

 

また、キャッシュフロー(CF)は次の通りでした。

2020.3期には、営業CF及びフリーCFが大きくプラスに転じています。現金・現金等価物も増加しています。

フリーCFを見る理由に関心がある方は、「松井証券は、配当株投資の候補銘柄として有りか無しか?」の配当性向(当期利益・フリーCFベース)の項を参考ください。

交換できるくん,キャッシュフロー

決算期 営業CF 投資CF 財務CF 現金・現金等価物 フリーCF
2018.3 --- --- --- --- ---
2019.3 -108,317 -9,090 -77,010 317,442 -117,407
2020.3 123,423 -5,411 -90,610 344,844 118,012

※単位:千円

 

交換できるくんのIPOスケジュール

各スケジュールは、次の通りです。

  • 上場日:2020.12.23
  • IPO抽選申込期間:2020.12.8~12.14
  • IPO抽選日:2020.12.15
  • 購入申込期間:2020.12.16~12.21

 

交換できるくんのIPO当選は、どこの証券会社が狙い目?

交換できるくんのIPOでは、次の3通りの株式募集があります。[2020.11.21時点]

  • 公募:100,000株[当選本数:1,000本]
  • 売出し(引受人の買取引受):250,000株[2,500本]
  • 売出し(オーバーアロットメント;OA):52,500株[525本]

 

公募は、上場時に新規に発行される株式です。

売出し(引受人の買取引受)は、既存株主から証券会社が株式を買い取り、投資家に売出される株式です。

売出し(OA)は、事前に予想していた需要を超えて投資家が申込した場合に、追加で売出される株式です。

当選本数は、合計4,025本と当たりにくそうです。

 

抽選申込可能な証券会社の内訳は、次の通りです。

種別 証券会社 割当株数 当選本数
公募 SBI 100,000 1,000
売出し(買取引受) SBI 公開待ち 公開待ち
SMBC日興 公開待ち 公開待ち
楽天 公開待ち 公開待ち
エース 公開待ち 公開待ち
東洋 公開待ち 公開待ち
極東 公開待ち 公開待ち
エイチ・エス 公開待ち 公開待ち
岩井コスモ 公開待ち 公開待ち
藍澤 公開待ち 公開待ち
むさし 公開待ち 公開待ち
水戸 公開待ち 公開待ち
あかつき 公開待ち 公開待ち
売出し(OA) SBI 52,500 525

 

最も多い、売出し(買取引受)の割当株数は、まだ開示されていません。

新規発行株式の1,000本、売出し(OA)525本の当選があるSBI証券が狙い目かと思われます。

また、SBI証券での当選本数が多い場合、1株投資ができる、SBIネオモバイル証券での割当が追加されることが多いです。

そのため、1株~99株でIPO抽選に申込を考えているなら、視野に入れておきましょう。

 

交換できるくんの初値分析

株価が割安か割高かに判断するために、PER(株価収益率)やPBR(株価純資産倍率)を用います。

PERは株価÷EPS(1株あたりの当期純利益)、PBRは株価÷BPS(1株あたりの純資産)で算出されます。

交換できるくんの直近のEPSとBPSは次の通りでした。[2020.11.21時点]

決算期 EPS BPS
2018.3 337793.59 1404116.3
2019.3 -65.59 74.82
2020.3 64.51 139.34

 

EPS、BPSの桁が各年で大きく変わっていますが、これは発行済み株式数が異なることが要因です。

2018.3期は207株、2019.3期は20700株、2020.3期は2,070,000株となっています。

 

交換できるくんの初値分析では、次のことを抑えておきましょう。

  • 想定発行価格:1890円
  • 想定発行価格におけるPER*:29.29倍
  • 想定発行価格におけるPBR*:13.56倍
  • 発行価格:決定後追記
  • 初値:初値後追記
  • 初値売却時リターン:初値後追記

*2020.3期のEPSとBPSを元に算出。IPO調達分を考慮しない。

初値決定後、考察を追記予定です。 

 

まずは、IPO抽選に申込む準備をしておきましょう。

 

関連記事

ネオモバ証券1株IPOのメリットとデメリット、最新の取扱銘柄はコレ!

SBIネオモバイル証券1株IPOの当選確率を上げる3つの方法