NISA SCHOOL

独学で資産形成を目指すブログ

アールプランナー(2983)のIPO当選の狙い目証券会社はココ!

f:id:nisaschool:20210108212111j:plain

こんにちは。アールプランナー(銘柄コード:2983)が、2021.2.10に東証マザーズに上場が決まりました。

アールプランナーのIPO抽選に申込したいという方のため、IPOの基本情報、狙い目証券会社、初値分析をまとめています。

 

 

更新履歴

  • 初値分析を追記しました。[2021.2.11]

 

アールプランナーとはどんな会社?

アールプランナーは、戸建住宅事業及びその他不動産事業を行う会社です。

「デザイン力・商品力×不動産情報力×集客力×販売力」に強みがあり、戸建住宅事業における「注文住宅」×「分譲住宅」×「不動産仲介」のビジネス展開(ワンストップ・プラットフォーム戦略)が可能になっています。

「住宅購入に関する多様なニーズをワンストップで解決できる体制」からシナジーが生まれ、さらなる顧客の囲い込みを行っています。

[出典:アールプランナーの目論見書]

 

目論見書によると、直近3年の業績推移は次の通りでした。

売上高は、2018.1期→2019.1期は対前年比+28.5%、2019.1期→2020.1期は対前年比で+19.4%とコンスタントに伸ばしています。

当期利益は、現状ではほぼ横ばいです。

アールプランナー,売上高

決算期 売上高 経常利益 当期利益
2018.1 12,002,292 465,840 336,671
2019.1 15,428,990 506,555 367,016
2020.1 18,429,922 464,754 346,761

※単位:千円

※提出会社の経営指標

 

また、キャッシュフロー(CF)は次の通りでした。

営業CF、フリーCFは、マイナスで推移しています。

現金・現金等価物は、2019.1期→2020.1期はやや減少しています。

フリーCFを見る理由に関心がある方は、「松井証券は、配当株投資の候補銘柄として有りか無しか?」の配当性向(当期利益・フリーCFベース)の項を参考ください。

アールプランナー,キャッシュフロー

決算期 営業CF 投資CF 財務CF 現金・現金等価物 フリーCF
2018.1 --- --- --- --- ---
2019.1 -950,312 -280,579 2,211,177 2,596,972 -1,230,891
2020.1 -1,092,383 -301,154 925,119 2,128,554 -1,393,537

※単位:千円

※連結経営指標

 

アールプランナーのIPOスケジュール

各スケジュールは、次の通りです。

  • 上場日:2021.2.10
  • IPO抽選申込期間:2021.1.25~1.29
  • IPO抽選日:2021.2.1
  • 購入申込期間:2021.2.2~2.5

 

アールプランナーのIPO当選は、どこの証券会社が狙い目?

アールプランナーのIPOでは、次の3通りの株式募集があります。[2021.1.8時点]

  • 公募:270,000株[当選本数:2,700本]
  • 売出し(引受人の買取引受):130,000株[1,300本]
  • 売出し(オーバーアロットメント;OA):60,000株[600本]

 

公募は、上場時に新規に発行される株式です。

売出し(引受人の買取引受)は、既存株主から証券会社が株式を買い取り、投資家に売出される株式です。

売出し(OA)は、事前に予想していた需要を超えて投資家が申込した場合に、追加で売出される株式です。

当選本数は、合計4,600本と当たりにくいです。

 

抽選申込可能な証券会社の内訳は、次の通りです。

種別 証券会社 割当株数 当選本数
公募 野村 234,000 2,340
モルガンスタンレー 12,000 120
みずほ 12,000 120
SBI 12,000 120
売出し(買取引受) 野村 130,000 1,300
売出し(OA) 野村 60,000 600

 

公募、売出し(買取引受)及び売出し(OA)4240本の当選がある、野村証券が狙い目かと思われます。

 

アールプランナーの初値分析

株価が割安か割高かに判断するために、PER(株価収益率)やPBR(株価純資産倍率)を用います。

PERは株価÷EPS(1株あたりの当期純利益)、PBRは株価÷BPS(1株あたりの純資産)で算出されます。

アールプランナーの直近のEPSとBPSは次の通りでした。[2021.1.8時点]

決算期 EPS BPS
2018.1 16833.60 44443.09
2019.1 367.02 1255.88
2020.1 346.76 1602.64

 

発行済み株式数が、2018.1期は20,000株、2019.1期は100,000株、2020.1期は1,000,000株となっています。

 

アールプランナーの初値分析では、次のことを抑えておきましょう。

  • 想定発行価格:2090円
  • 想定発行価格におけるPER*:6.02倍
  • 想定発行価格におけるPBR*:1.30倍
  • 発行価格:2210円
  • 初値:5000円
  • 初値売却時リターン:+2790円(+126.2%)

*2020.1期のEPSとBPSを元に算出。IPO調達分を考慮しない。

 

初値は、+126.2%と大幅に上昇しました。

2021.2.10終値ベース(4535円)では、PER16.2倍、PBR2.33倍となっています。

2021.2.11に、「東京証券取引所マザーズへの上場に伴う当社決算情報等のお知らせ」が開示されました。

2021.1期の売上高は22,000百万円と対前年比+14.7%、当期利益は277百万円と対前年比-36.1%が予想されています。

IPOセカンダリー狙いの場合は、今後の動向をよく見ておきましょう。

 

その他の銘柄については、「2021年IPO銘柄(新規公開株式)のスケジュール・上場日・初値リターン」で一覧をまとめています。

 

関連記事

ネオモバ証券1株IPOのメリットとデメリット、最新の取扱銘柄はコレ!

SBIネオモバイル証券1株IPOの当選確率を上げる3つの方法