ニーサスクール

投資サービスを活用して「独学」で資産形成ができるように情報提供しています。

3つの着眼点!ひふみワールドプラス+は、SBIより楽天証券で買ったらお得か?



f:id:nisaschool:20191223085659j:plain

こんにちは。2019.12.13に、レオス・キャピタルワークスから「ひふみワールドプラス」が新規設立されました。ネット証券では、SBI証券と楽天証券で取り扱っています。

すでにひふみプラスを保有していて、世界株にも分散投資したいという人も多いでしょう。

最近、ネット証券ではポイント付与制度サービスが盛んです。当然「楽天とSBIのどちらで買ったらお得なんだろう」 と思いますよね。

本ページでは、ひふみワールドプラスは、楽天とSBI証券のどちらで買うのが適しているのか、3つの着眼点で解説します。

 

 

ひふみワールドプラスは、どんな投資信託?

まずは、ひふみワールドを知らない方の為に簡単に特徴を説明します。次の3点だけおえておきましょう。

  • 日本を除く、全世界株式に個別投資するアクティブファンド
  • 購入時手数料、信託財産留保額はなし
  • 信託報酬は、1.628%(税込)

より具体的な解説については、下記の記事を参考にしてください。

【徹底解説】ひふみワールドのリターン実績・組入れ銘柄(株式)・投資国比率(どこの国)をまとめます!

 

楽天とSBI証券は3つのことを比較しよう!

楽天とSBI証券のどちらで購入すれば良いのか、迷ったっ時には次の3つの着眼点で比較することをオススメします。

  1. ポイント付与条件
  2. ポイント還元率
  3. ポイント付与上限

ポイント制度は、楽天証券では楽天スーパーポイント、SBI証券では投信マイレージ(Tポイント)があります。

両者の比較を、次の表にまとめました。

  楽天 SBI
付与条件 クレジットカード
積立投資で購入
保有
還元率 1% 年0.1% or 0.2%
付与上限 月500pt なし

 

楽天証券では、 楽天クレジットカード決済で積立購入が必要で、購入金額に応じて1%のポイントが付与されます。付与上限は、毎月5万円積立購入できるため、5万円×1%=500ptまでです。年換算で6000ptです。

一方、SBI証券では、購入方法は問わず保有が条件で、月額保有金額に応じて0.1%(1000万円未満)、又は0.2%(1000万円以上)のポイントが付与されます。付与条件ありません。

SBI証券のポイント付与率は、投資信託によって異なります。ひふみワールドプラスは、0.1%~です。変更になる場合も考えられるので、一覧でチェックしましょう。

> ポイント付与率一覧  

 

では、どちらがお得になるかシミュレーションしましょう。購入金額と購入方法によって差が出てきます。

例えば、年間投資額を60万円としましょう。楽天証券では毎月5万円ずつクレジット決済、SBI証券では年初に一括で60万円投資するとします。

10年間を投資を継続すると、次の結果です。

  投資累計額(円) 楽天 SBI
1年目 600,000 6,000 600
2年目 1,200,000 6,000 1,200
3年目 1,800,000 6,000 1,800
4年目 2,400,000 6,000 2,400
5年目 3,000,000 6,000 3,000
6年目 3,600,000 6,000 3,600
7年目 4,200,000 6,000 4,200
8年目 4,800,000 6,000 4,800
9年目 5,400,000 6,000 5,400
10年目 6,000,000 6,000 6,000
合計ポイント 60,000 33,000

 

楽天証券では、購入金額の60万円×1%=6000ptずつ毎年付与されます。10年間で60000ptです。

SBI証券では、保有金額の60万円×0.1%=600ptです。毎年60万円ずつ保有金額が増えるので、600ptずつ付与ポイントも増えます。10年間で33000ptです。

積立購入する場合、楽天証券の方がSBI証券に比べ、27000ptも高くなります。

 

次に極端な例を考えてみましょう。例えば、一括で1000万円だけ投資したいとします。

楽天証券では、クレジット決済は月5万円までですので500ptです。翌年以降のポイントは0です。

一方、SBI証券では、保有金額の1000万円×0.2%=20000ptです。翌年以降も保有し続ければ、年20000ptずつ付与されます。

仮に、1000万円未満、例えば一括で50万円投資したいとすると、50万円×0.1%=500ptと楽天証券と同じポイントになります。

一括購入する場合、SBI証券の方が楽天証券に比べ、ポイント付与が大きくなります。

 

簡単にまとめると、次の通りです。

  • 積立購入でひふみワールドプラスに投資したい:楽天証券がオススメ!
  • 50万円超を一括購入、かつ以降投資せず、ひふみワールドプラスに投資したい:SBI証券がオススメ!

ぜひ、あなたの投資計画に合わせて、どちらが最適かを検討してみましょう。 

楽天証券  

SBI証券で 口座開設  

 

関連記事

還元率ではどっちがお得?SBI証券ひふみワールドプラス+と、直販ひふみワールドの違い!

60代の父がひふみ投信で資産運用した実績!2020年はひふみワールドに一括投資戦略

【対処事例】つみたてNISAでひふみプラス積立!マイナスリターンだけど売った方が良い?どうしたら良い?