ニーサスクール

NISA、ideco、クラウドファンディングを活用して「独学」で資産形成ができるようになるブログです。

還元率ではどっちがお得?SBI証券ひふみワールドプラス+と、直販ひふみワールドの違い!



f:id:nisaschool:20191201120224j:plain

こんにちは。2019.12.2から、SBI証券にて「ひふみワールドプラス(+)」の新規募集が開始されます。

「2019.9にひふみワールドが登場したけど、何が違うの」、「どちらを購入した方がお得なの」と気になることが多くないですか。

そんなあなたのために、ひふみワールド+とひふみワールドの違い、どちらを購入した方がお得なのか、についてまとめています。 

 

 

ひふみワールド+とひふみワールドの違い

まずは、ひふみワールドを知らない方の為に簡単に特徴を説明します。次の3点だけおえておきましょう。

  • 日本を除く、全世界株式に個別投資するアクティブファンド
  • 購入時手数料、信託財産留保額はなし
  • 信託報酬は、1.628%(税込)

より具体的な解説については、下記の記事を参考にしてください。

【徹底解説】ひふみワールドのリターン実績・組入れ銘柄(株式)・投資国比率(どこの国)をまとめます!

 

ひふみワールド+とひふみワールドの違いは、購入先が異なるだけです。

  • ひふみワールド+:SBI証券
  • ひふみワールド:ひふみ投信(直接口座)

仕組みを図式化すると、次のようになります。

f:id:nisaschool:20191201123105j:plain

 

私たちは、まずSBI証券の証券口座を利用するか、ひふみ投信の証券口座を利用するか決めます。前者の場合はひふみワールド+、後者の場合はひふみワールドを購入することになります。

ひふみワールド+とひふみワールドはベビーファンドと呼ばれており、その資金はひふみワールドマザーファンドに投資されます。

そのひふみワールドマザーファンドが、世界の株式に投資して運用します。その損益は、ベビーファンドに反映されます。

つまり、マザーファンドが同じなので、ひふみワールド+でもひふみワールドでも同じリスク・リターンです。

両者の基準価額は、設立日を1万円/1万口と設定されますので、見た目上の違いはあります。

基本同じなのですが、証券会社によって独自の還元制度がありますので、要注目です。

 

 

SBI証券と直販ひふみ投信のどちらで購入するとお得なのか?

両者で独自の還元制度があります。

SBI証券では、投信マイレージサービスというポイント制度があります。これまでSBIポイントという名称でしたが、簡単な手続きでTポイント付与に変更できます。

Tポイントで新たに投資信託を購入したり、SBIネオモバイル証券 で1株投資にも利用できます。 

ポイント付与概要は、次の通りです。数値は年率換算したものです。

月間平均保有額 1000万円未満 1000万円以上
通常銘柄 0.10% 0.20%
SBI指定銘柄 1 0.05%
SBI指定銘柄 2 0.03%
SBI指定銘柄 3 0.02%
SBI指定銘柄 4 0.01%

 

月間平均保有額とSBI銘柄指定グループに応じて、 0.01%/年~0.20%/年のポイントが付与されます。

例えば、通常銘柄で100万円投資している場合は、100万円×0.1%=1000円相当のポイントが付与されます。

 

一方、ひふみ投信では、資産形成応援団という還元制度があります。

継続保有期間と保有金額に応じて、次のように還元率が決まっています。

継続保有期間 ひふみワールド ひふみ投信
5年以上 0.1%/年 0.2%/年
10年以上 0.25%/年 0.4%/年

 

ひふみワールドを5年以上保有すると0.1%/年で還元されます。例えば、100万円投資していたとしましょう。1年目~5年目までは還元されませんが、6年目には100万円×0.1%=1000円還元されます。

還元方法は、その1000円分でひふみワールドを購入して還元されます。10年以上になると、0.25%/年なので2500円分還元されます。

 

では、SBI証券でひふみワールド+と直接口座でひふみワールドを購入するのはどちらがお得でしょうか。

何年保有するかによって変わります。例えば、10年保有することを考えてシミュレートしてみましょう。

イメージしやすいように100万円投資する場合を考えます。

  SBI証券 ひふみ投信
1年目 1000 0
2年目 1000 0
3年目 1000 0
4年目 1000 0
5年目 1000 0
6年目 1000 1000
7年目 1000 1000
8年目 1000 1000
9年目 1000 1000
10年目 1000 1000
還元額(円) 10000 5000

 

SBI証券でのひふみワールド+の還元率は0.1%です。10年で、SBI証券では10000円の還元です。一方、ひふみ投信では5000円です。

もし、あなたが5年未満で保有を考えている場合は、直接口座では5年未満では還元されませんので、SBI証券の方がお得です。

 

20年間保有することを考えてみましょう。

  SBI証券 ひふみ投信
1年目 1000 0
2年目 1000 0
3年目 1000 0
4年目 1000 0
5年目 1000 0
6年目 1000 1000
7年目 1000 1000
8年目 1000 1000
9年目 1000 1000
10年目 1000 1000
11年目 1000 2500
12年目 1000 2500
13年目 1000 2500
14年目 1000 2500
15年目 1000 2500
16年目 1000 2500
17年目 1000 2500
18年目 1000 2500
19年目 1000 2500
20年目 1000 2500
還元額(円) 20000 30000

 

仮に20年保有することを考えると、SBI証券の還元率が0.1%なので20000円に対し、ひふみ投信では30000円と、10000円分の差になります。

14年以上保有すると、ひふみ投信の還元率がSBI証券を上回ってきます。

 

以上を踏まえて、次のように考えてみてはいかがでしょうか。

  • すでにSBI証券を持っていて、新たに口座を作るのが面倒!:SBI証券・ひふみワールド+
  • 5年未満での保有を考えている:SBI証券・ひふみワールド+
  • 5年以上での保有を考えている:ひふみ投信(直接口座)・ひふみワールド

ちなみに私は、しばらく売却は考えていないので、直接口座を利用しています。直接口座については、下記の公式サイトから詳細をご確認ください。

レオスのひふみ投信  

 

関連記事 

3つの着眼点!ひふみワールドプラス+は、SBIより楽天証券で買ったらお得か?

60代の父がひふみ投信で資産運用した実績!2020年はひふみワールドに一括投資戦略

【対処事例】つみたてNISAでひふみプラス積立!マイナスリターンだけど売った方が良い?どうしたら良い?