NISA SCHOOL

独学で資産形成を目指すブログ

まるごとひふみ・ひふみらいとを買うなら、どこの証券会社がお得?

執筆者:NISA SCHOOL 永松 龍一郎(@nisaschool

f:id:nisaschool:20200402211538j:plain

こんにちは。ご存知ように、レオスキャピタルワークスは、独立系投資信託会社の一つで、ひふみ投信(ひふみプラス)と、ひふみワールド(ひふみワールド+)の2つの商品がありました。

2021年3月30日に、新しくバランス型ファンドとして、「まるごとひふみ100」、「まるごとひふみ50」、「まるごとひふみ15」、「ひふみらいと」の運用開始されました。

 

「まるごとひふみシリーズや、ひふみらいとに積立投資したい、一括投資したい」と思っているなら、どこの証券会社で購入すればお得か、知っておいて損はありません。

そんなあなたのために、まるごとひふみシリーズと、ひふみらいとを最もお得に購入する方法を解説します。

 

結論から述べれば、以下の通りです。

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。 

 

 

まるごとひふみシリーズ、ひふみらいととはどんなファンド?

ご存知ない方のため、まずは簡単に解説します。

まるごとひふみシリーズと、ひふみらいとは、株式と債券を組み合わせたバランス型ファンドです。

両者とも、ファンド・オブ・ファンズ方式(FOFs)のファンドです。

FOFsは、直接株式や債券に投資するのではなく、複数の投資信託証券(ファンズ)を組み入れて行なう運用方式です。

組入れファンドは、以下3つです。

  • ひふみ投信マザーファンド:国内外の株式
  • ひふみワールドファンド:海外の株式
  • ひふみグローバル債券ファンド:国内外の債券

 

ひふみ投信マザーファンドは、ひふみ投信やひふみプラスの投資先と同じです。

ひふみワールドファンド[正確には、ひふみワールドファンドFOFs用
(適格機関投資家専用)]は、ひふみワールドやひふみワールド+の投資先とほぼ同様です。

ひふみグローバル債券ファンドは、ひふみで初めての債券ファンドです。

 

まるごとひふみシリーズと、ひふみらいとは、上記3ファンドの組み入れ比率が異なります。

まるごとひふみは、株式100%、株式50%・債券50%、株式15%・債券85%の3タイプがあります。

ひふみらいとは、株式10%・債券90%と最も債券比率が高いです。

詳細な組み入れ比率は次の通りです。

銘柄 ひふみ投信 ひふみワールド ひふみグローバル債券
まるごとひふみ 100 60% 40% ---
50 30% 20% 50%
15 9% 6% 85%
ひふみらいと 5% 5% 90%

 

これまでひふみ投信は、株式タイプだけでしたが、これらのファンドの登場により、債券を含むファンドに投資でき、比率もある程度自由に選ぶことができるようになりました。

 

まるごとひふみシリーズと、ひふみらいとの手数料も見ておましょう。

銘柄 信託報酬(年) 実質的な
信託報酬*

(税抜)
税抜 税込
まるごとひふみ 100 1.2000% 1.3200% 1.2160%
50 0.8500% 0.9350% 0.8580%
15 0.6000% 0.6600% 0.6024%
ひふみらいと 0.5000% 0.5500% 0.5020%

*:信託報酬に、ひふみワールドファンドFOFs用(適格機関投資家専用)の信託報酬を加えたもの

 

実質的な信託報酬は、年0.5020%~1.2160%(税抜)です。株式の比率が高くなるにつれ、信託報酬が高くなります。

アクティブ運用としては、適切なコストだと思われます。

 

まるごとひふみシリーズを購入するなら、最もお得なのは?

ひふみシリーズは、「直販口座」又は「一般の証券会社」の2通りで購入できます。

まるごとひふみシリーズは、一般の証券会社のみの取扱いです。

 

「積立投資したい or 一括投資したいのか」によって最適な証券会社が異なります。

私が調査した結果、次がベストであると考えています。

  • まるごとひふみシリーズ(積立投資):楽天証券で、楽天カードで購入
  • まるごとひふみ100(一括投資):松井証券で、ひふみプラスとひふみワールド+を購入
  • まるごとひふみ50・15(一括投資):SBI証券で購入

 

まるごとひふみシリーズを積立投資するなら、楽天証券がベスト

楽天証券では、楽天カード(クレジットカード)で投資信託を購入でき、楽天スーパーポイントが購入金額の1%貯まります。毎月積立のみポイント対象です。

ポイント対象上限は月5万円までです。例えば1年間投資した場合、5万円×12ヶ月×1%=6000円相当が貯まります。

そのポイントを、積立投資での投資信託の購入にあてることもできます。

仮に、20年間まるごとひふみシリーズを購入したら、6000円×20年間=12万円ものポイント還元を受け取れます。

 

まるごとひふみ100を一括投資するなら、松井証券がベスト

松井証券では、信託報酬の一部を現金で還元する「毎月現金還元サービス」があります。

これにより、実質的に信託報酬を下げることができます。

松井証券では、まるごとひふみシリーズの取扱いはあるものの、まるごとひふみシリーズは、毎月現金還元サービスの対象にはなっていません。[2021.4.4時点]

そのため、「まるごとひふみ100」を、松井証券で購入してもお得ではありません。

 

一方、ひふみプラスと、ひふみワールド+は、毎月現金還元サービスの対象となっています。信託報酬は以下の通りです。[2021.4.4時点]

銘柄 信託報酬(年)(税抜) 差額
通常 松井証券
ひふみプラス 0.980%** 0.925% -0.055%
ひふみワールド 1.480% 1.050% -0.430%

**:総純資産額500億円までの信託報酬で算出。実際は、もう少し信託報酬は低いです。

 

松井証券での信託報酬は、ひふみプラスが0.055%低く、ひふみワールド+が0.430%も低くなります。

 

そのため、「まるごとひふみ100」に一括投資するより、購入金額のうち60%を「ひふみプラス」に、40%を「ひふみワールド+」と2つに投資することがベストです。

これにより、実質まるごとひふみ100とほぼ同様のポートフォリオを構築できます。ただし、ポートフォリオの調整は自身で行う必要があります。

 

信託報酬は、「まるごとひふみ100」が1.200%(税抜)に対し、「ひふみプラス60%・ひふみワールド+40%」が0.975%(税抜)となり、実質0.225%もお得になります。

松井証券で、2つに分けて購入するだけなので、そこまで手間にはならないと思います。

 

まるごとひふみ50・15を一括投資するなら、SBI証券がベスト

まるごとひふみ50・15は、債券も含まれているため、松井証券で「ひふみプラス」と「ひふみワールド+」の組み合わせでは、ポートフォリオが構築できません。

債券を組み入れるには、「ひふみらいと」を購入する必要がありますが、こちらは直販口座のみで購入可能です。

さらに、ひふみらいとには、株式が10%含まれているので、それを考えながら、債券50%や85%に調整するのは、非常に手間がかかります。

 

そのため、まるごとひふみ50・15は、SBI証券で一括投資するのがベストです。

SBI証券では、投信マイレージサービスポイントとして、保有金額の年0.1%分(1000万円以上では0.2%)のTポイント(又はSBIポイント)の還元が受けられます。

仮に100万円投資したら、1000円分が還元されます。

 

ひふみらいとを購入するなら、最もお得なのは?

ひふみらいとは、ひふみ投信 直販口座限定の商品です。そのため、ひふみらいとを購入したい方は、直販口座を開設する必要があります。

信託報酬の割引制度はありませんでした。[2021.4.4時点]

 

以上が、まるごとひふみシリーズと、ひふみらいとのお得な購入方法です。

 

まとめ

今一度、結論をまとめます。

 

この中から、あなたに最適な方法を選んでみてはいかがでしょうか。

直販口座を開設すると、運用の中間報告等や、動画解説も見れるので、まるごとひふみシリーズを購入する方も、持っておいて損はないでしょう。

 

関連記事

最新キャンペーンはコレ!松井証券で株式と積立投資のお得な口座開設方法