【再募集事例】貸付ファンド funds(ファンズ)の「あんばいファンド#1」及び入金切れのペナルティ



f:id:nisaschool:20190610201456j:plain

こんにちは。funds(ファンズ)をご存知でしょうか。資産運用したい個人と資金を借りたい企業を結ぶ「貸付ファンド」のオンラインマーケットサービスです。

本ページでは、fundsのファンドの再募集事例が発生したのでまとめています。

6/6に「リースバック事業 あんばいファンド#1」の募集がありました。購入申込しましたが、1分で完売(募集金額達成)してしまい買えませんでした。

しかし、本日(6/10)に「再募集を6/12(水)0時から行う」旨の連絡が会員向けにありました。

 

 

なぜ、再募集になったのか?

再募集になったファンドは、下記の「あんばい」ファンド#1です。応募金額は1億円でした。

f:id:nisaschool:20190606183703j:plain

 

運営元の情報によると、「ユーザーの手続き上の誤りにより、約2000万円のキャンセルが発生する見込み」とのことです。

なぜこのようなことが起きたのか?

fundsでは、デポジット口座にお金がなくてもファンドに応募でき、後から入金できる仕組みを取っているからです。しかし、原則キャンセルはできず、指定日までにデポジット口座に入金を済ませておく必要があります。

今回の事例では、詳細はわかりませんが、ユーザーが応募の金額の桁数を間違えたのかもしれません。例えば、「200万円申込んだつもりが2000万円になっていたので、支払えない」といった具合でしょうか。

そうだとしたら、1800万円の不足が出るので、運営側の約2000万円の再募集に合点がいきます。故意ではなさそう。

 

入金切れのペナルティ

fundsでは、原則応募後のキャンセルができません。キャンセルが何度もされるとサービスの利用を制限されてしまいます。故意にやる人はいないと思いますが、桁数の入力には十分に注意しましょう。

6/6の応募ではクリックスピードで負けてしまったので、6/12 0時には待機して「1万円」投資してみます。

 

ご興味ある方は公式サイトを覗いて見てください。

Funds

【 Funds 】 

以上です。

 

関連記事

貸付ファンドfundsのファンド別・想定利回り(年利・リターン)

貸付ファンド funds(ファンズ)のおさえておきたい3つの特徴と運営会社の信頼性

貸付ファンド funds(ファンズ)の口座開設条件と手順

©Crowdport, Inc. All Rights Reserved.Crowdport