【投資実績】やっと購入できた!貸付ファンド funds(ファンズ)にて少額投資開始!



f:id:nisaschool:20190717220354j:plain

こんにちは。funds(ファンズ)をご存知でしょうか。資産運用したい個人と資金を借りたい企業を結ぶ「貸付ファンド」のオンラインマーケットサービスです。

本ページでは、fundsのファンドの個人の投資実績について、まとめています。

 

 

「あんばい」ファンド#1を再募集で購入

6/6に「リースバック事業 あんばいファンド#1」の募集がありました。購入申込しましたが、1分で完売(募集金額達成)してしまい買えませんでした。

【1分で完売】貸付ファンド funds(ファンズ)のファンドの購入方法

 

しかし、6/10に「再募集を6/12(水)0時から行う」旨の連絡が会員向けにありました。

【再募集事例】貸付ファンド funds(ファンズ)の「あんばいファンド#1」及び入金切れのペナルティ

 

6/12(水)0時にサイトにつないでみると、まだ申し込みができない状態でした。更新を繰り返しながら、待つこと6分。募集画面が下記のように変化しました。

f:id:nisaschool:20190616121744j:plain

 

「募集終了」のまま購入はできない状態でしたが、応募金額が調整されていました。そして、運命の12:08に再応募が開始されました。初めてのfundsでの購入でしたので、ひとまず1万円分を申し込みました。

1分後には、満額に到達していました。

f:id:nisaschool:20190616122023j:plain

 

マイページには、下記のように表示されます。

f:id:nisaschool:20190616122225j:plain

 

本ファンドの予定利回りは3.5%です。運用期間は、2019.6.20~2020.2.29までの約9カ月です。予定通りの利回りが得られるとすると、1万円×3.5%×9/12ヶ月=262円です。

ひとまず、fundsが元本割れしないか、また予定通りのリターンが得られるかをチェックしていきます。

 

fundsのファンドに期待すること

fundsは、まだできて間もなく運用ファンド数も9件です。応募申込者が多く中々買えないと言われています。個人的には、数をどんどん増やすよりも良質な案件を着実に出していってほしいと思います。

クラウドファンディングは、運用期間が短く、また投資信託とは異なり積立投資ができません。償還日が決まっているため、その時点で外部環境によって元本割れ(マイナス)になることも考えられます。

重視しているのは、リターンよりも安定性です。期待リターンが高いということは、すなわちデフォルト(債務不履行)になる可能性も高いということです。ですので、2%~5%くらいの予定利回りくらいで良いかと考えています。

海外向けのクラウドファンディングでは、8%~10%と高利回りのものがありますが、それはリスクもあることを認知しておきましょう。

これからも案件が公表され次第、運用を追加していく予定です。

 

ぜひ、ご興味ある方は公式サイトを覗いて見てください。

Funds

【 Funds 】 

 

関連記事

貸付ファンドfundsのファンド別・想定利回り(年利・リターン)

貸付ファンド funds(ファンズ)のおさえておきたい3つの特徴と運営会社の信頼性

貸付ファンド funds(ファンズ)の口座開設条件と手順

©Crowdport, Inc. All Rights Reserved.Crowdport