NISA SCHOOL

独学で資産形成を目指すスクール

2021年最新キャンペーンはコレ!ファンディーノのお得な口座開設方法

先着順です!

1万円からの不動産クラウドファンディング COZUCHIとタイアップし、新規登録でもれなくAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施します。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

執筆者:NISA SCHOOL 永松 龍一郎(Udemy認定講師

ファンディーノ,キャンペーン

ご存知のように、ファンディーノ(FUNDINNO)は、株式上場(IPO)やM&Aに期待できるベンチャー企業に投資できる、株式投資型クラウドファンディングです。

2016年10月からサービスが開始されました。

ユーザー数は右肩上がりで増え、83,186人です。また、累計成約件数も213件と国内トップです。[2021.11.11時点]

 

ファンディーノを始めるなら、当然キャンペーンを利用して、賢くお得に口座開設したいですよね。

そんなあなたのために、ファンディーノの過去のキャンペーン分析、現在実施中のキャンペーン、そして口座開設前に理解しておきたいことをまとめています。

機会損失なく、投資サービスを利用していただけたら幸いです。

 

 

ファンディーノのキャンペーン情報

過去のキャンペーン分析

過去には、次のキャンペーンが実施されていました。

  • クリスマスキャンペーン:投資家登録で先着1000名に、Amazonギフト券1000円分プレゼント
  • 2020キャンペーン:投資家登録で先着2000名に、Amazonギフト券2000円プレゼント、また抽選で20名に松坂牛2万円分プレゼント
  • ファンディーノ新春2020キャンペーン:投資家登録で先着1000名に、Amazonギフト券2000円プレゼント
  • Amazonギフト券プレゼントキャンペーン:投資家登録でもれなくAmazonギフト券1000円分プレゼント
  • 投資家デビュー応援祭2021:投資家登録で先着2000名に、Amazonギフト券2000円プレゼント

 

対象条件は、投資家登録だけなので厳しくありませんでした。

キャンペーン頻度は、少なめです。

 

現在実施中のキャンペーン

2021.11.11時点、実施中のキャンペーンはありませんでした。

 

最新キャンペーンの確認方法

下記の方法で、最新情報をご確認ください。

1.ファンディーノにアクセスします。

 

2.すると、次のトップ画面が表示されます。

キャンペーンがある場合は、こちらに大きく表示されています。

ファンディーノ,最新キャンペーン

[出典:ファンディーノ]※画像は、過去のキャンペーン実施時のものです。

 

3.記載されていない場合は、トップ画面の下の方に、「お知らせ」の欄を確認しましょう。

ファンディーノ,最新キャンペーン

 

 

ファンディーノの口座開設前に理解しておきたいこと

手数料と口座開設方法について、最低限理解しておきたいことを解説します。

手数料について

投資家登録は無料です。投資をする際の振込手数料がかかります。振込手数料の無料回数がついた銀行を利用しましょう。

 

口座開設方法

口座開設は簡単です。必要なものは、本人確認書類とマイナンバーです。手順は次の通りです。

1.ファンディーノにアクセスします。

 

2.すると、次のトップ画面が表示されます。「新規登録」を選択します。

ファンディーノ,口座開設方法

 

3.すると、次の画面が表示されます。

まず、メールアドレスとパスワードを設定します。

ファンディーノ,口座開設方法

 

登録したメールアドレスに投資家登録の案内が送られてきます。

続いて、氏名や住所など登録に必要な項目を入力します。また、本人確認書類とマイナンバーの登録します。

審査完了後、アクティベートコードを郵便で受け取ると投資を開始できます。おおよそ5営業日です。

2020.3.9以降、本人確認として「LIQUID eKYC」が導入されました。これにより、スマホから顔認証でき、最短当日に口座開設することもできます。

 

 

まとめ

ファンディーノは、2016年10月からスタートしました。

キャンペーン頻度は少なめですので、少額からベンチャー企業の株主になり、リターンを狙いたい方は、機会損失のないように準備を始めましょう。

 

その他、ファンディーノに関するトピックは、「IPO前に、非上場株式を購入できるイチオシの4つの方法」でまとめていますので、ご覧ください。

 

 

将来性のあるベンチャー企業の株主になるなら

ファンディーノ,公式ページファンディーノは、プロが選定したベンチャー企業に10万円から投資でき、将来IPOやM&Aに期待できます。
まずは、ファンディーノでどんなベンチャー企業に投資できるかチェック!

公式ページはこちら

© Japan Cloud Capital,inc