ニーサスクール

投資サービスを活用して「独学」で資産形成ができるように情報提供しています。

どちらを選ぶべき?SBIバンガードS&P500とeMAXIS Slim米国株式S&P500



f:id:nisaschool:20200316114018j:plain

こんにちは。ここ数年、安定的に右肩上がりの米国株式への投資が注目されています。

つみたてNISA対象商品にも、米国S&P500に投資できる、SBI・バンガード・S&P500インデックス[2019.9]、NZAM・ベータ S&P500[2020.3]が追加されました。

これにより、つみたてNISAでS&P500に投資できるファンドは、以下5つになりました。

  • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
  • iFree S&P500 インデックス
  • つみたて米国株式(S&P500)
  • SBI・バンガード・S&P500インデックス 
  • NZAM・ベータ S&P500

「どのファンドを選んだらよいんだ」と悩むことでしょう。特に、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)とSBI・バンガード・S&P500はどちらにするか、ではないでしょうか。

そんなあなたのために、eMAXIS SlimとSBI・バンガードの比較を中心に解説します。

S&P500への投資の参考にしていただけたら幸いです。

 

 

S&P500とは?

まず、S&P500について簡単に理解しましょう。

S&P500とは、主要上場市場が米国の取引所の米国企業で、流動性がある大型株から、S&P ダウ・ジョーンズ・インデックス社が選定する500銘柄です。構成銘柄の時価総額を指数化しています。

類似した指標で、NYダウ平均(ダウ工業株30種)をよく聞きますよね。こちらは、S&P ダウ・ジョーンズ・インデックス社が選定する米国経済を代表する30銘柄です。構成銘柄は平均株価を数値化しています。

どちらも大型株を中心としています。違いとしては、S&P500の方が投資対象が多いため、分散性が高いと言われています。

 

以下は、S&P500の推移を示したものです。[2020.3.13時点]

f:id:nisaschool:20200316121306j:plain

[出典:Google Finance]

リーマンショックの影響のあった2009年3月には756.55以降、ずっと右肩上がりです。コロナショックのあった2020年3月でも2711.02を維持しています。

約10年で3.58倍になっています。

 

一方、日本のTOPIXの推移はどうでしょうか。[2020.3.16時点]

f:id:nisaschool:20200316122029j:plain

[出典:Google Finance]

リーマンショックの影響のあった2009年3月には721.39、2010年~2013年まで株価が低迷し、政権交代による金融緩和で一気に株価が上昇しました。

コロナショックのあった2020年3月では1268.39でした。約10年で1.75倍になっています。

同一期間において、S&P500の上昇率は、日本の2.04倍です。この点から、TOPIXよりもS&P500に投資した方が得られるリターンが大きかったと言えます。

 

5つのファンドを、まずは2つに絞り込み!

S&P500に投資するなら、どのファンドが良いか見ていきましょう。

楽天証券、又はSBI証券で購入できるファンドのうち、つみたてNISA対象、投資対象がS&P500、償還期限が無期限のファンドを抽出しました。[2020.3.16時点]

  • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
  • iFree S&P500 インデックス
  • つみたて米国株式(S&P500)
  • SBI・バンガード・S&P500インデックス 
  • NZAM・ベータ S&P500

 

すべてのファンドで、S&P500をベンチマークとし、ベンチマークの動きに連動する投資成果を目指して運用されます。

同一ベンチマークで、インデックスファンドを選ぶときの一番のポイントは、手数料(購入時手数料、信託報酬、信託財産留保額)の低さです。

5つのファンドの手数料は、以下の通りです。

ファンド名 購入時
手数料
信託報酬 信託財産
留保額
eMAXIS Slim 0円 0.0968% 0%
iFree 0円 0.2475% 0%
つみたて米国株式 0円 0.22% 0%
SBI・バンガード 0円 0.0938% 0%
NZAM・ベータ 0円 0.264% 0%

 

購入時手数料は0円で、信託財産留保額は0%です。

信託報酬は、NZAM・ベータ<iFree<つみたて米国株式<eMAXIS Slim<SBI・バンガードの順に安くなります。

 

念のため、リターンも比較してみましょう。[2020.2.29時点]

同一ベンチマークなので、ほぼ同様のリターンなのがわかるかと思います。

ファンド名 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月
eMAXIS Slim -8.87% -5.31% 5.46%
SBI・バンガード -8.87% -5.41% ---*

*:SBI・バンガードは設立したばかりのため、6ヶ月以上のデータはありません。

 

eMAXIS SlimとSBI・バンガードの信託報酬の差は0.0968%-0.0938%=0.003%/年の差と小さいです。例えば、累計100万円投資していたとしましょう。このとき、1年で100万円×0.003%=30円の差です。10年でも300円の差です。

そのため、S&P500に投資するなら、この2つのどちらかと言えます。

 

 

eMAXIS SlimとSBI・バンガードのどちらを選ぶべきか?

次の3パターンで、あなたが希望する方法を選んでみてはいかがでしょうか。

  • 積立購入したい:楽天証券でeMAXIS Slim
  • つみたてNISAで一括購入したい:SBI証券でSBI・バンガード
  • それ以外:SBI証券でSBI・バンガード

 

まず、認識しておきたいことがあります。SBI・バンガードは、SBI証券でしか購入できません。

このファンドは、他社との差別化のために設定されたため、SBI証券ユーザー優先なのではないかと思います。

この理由は、信託報酬の内訳にあります。以下は、このファンドの信託報酬の内訳です。

  • 委託会社:0.022%
  • 販売会社:0.022%
  • 受託会社:0.014%
  • バンガード:0.03%

ここで注目なのは、販売会社です。もし、このファンドをSBI証券で販売すれば、販売手数料による収益はSBI証券に入ります。

一方、他の証券に販売してもらうと、SBI証券の収益は0.022%減ってしまう訳です。

ファンド規模が大きくなると、0.022%でも非常に大きな収益になります。そのため、今のところは、SBI証券限定販売と考えられます。

 

積立購入したい場合、楽天証券でeMAXIS Slimを購入するのが最もお得です。

ご存知のように、楽天証券では楽天カード決済による積立投資ができ、1%の楽天スーパーポイントが得られます。

月5万円まで、最大年60万円までポイント対象のため、60万円×1%=6000円相当の還元されます。

 

つみたてNISAで一括購入したい場合、SBI証券でSBI・バンガードを購入するのがおすすめです。 

楽天証券でも一括購入できますが、その場合、楽天カード決済が使えないため、ポイントが貯まりません。

一方、SBI証券では、投信マイレージサービスで、SBIポイント(Tポイント)が貯まります。こちらは、投資信託の保有に対して、一定の割合で付与されます。

SBI証券で投資する場合、信託報酬が低いSBI・バンガードを購入することで、年0.02%のポイントが貯まります。

上記2つ以外の場合は、信託報酬が低いSBI・バンガードを購入するのが良いでしょう。

 

まとめ

S&P500インデックスファンドは、同一ベンチマークであれば、ほぼ同様のリターンが想定されるため、信託報酬が低いものを選ぶようにしましょう。

現時点では、eMAXIS Slim米国株式S&P500、又はSBI・バンガード・S&P500のどちらかを、あなたの買い方の希望に合わせて選択しましょう。

 

関連記事

NYダウに投資できるおすすめファンドは?積立NISAならeMAXIS NYダウインデックス