NISA SCHOOL

独学で資産形成を目指すブログ

FMにも評判!FOLIOロボプロは、他社ロボアドバイザーとココが違う

f:id:nisaschool:20200909212322j:plain

こんにちは。WealthNaviやTHEOをはじめ、大手証券会社からも多くのロボアドバイザーサービスが登場しています。

「各社のサービスは、何が違うのかわからない…」、「結局、どのサービスを使ったら良いんだ…」、「リターンに期待できるのはどれ?」とモヤッとしていませんか。

 

2020年1月には、新たに株式会社FOLIOからAIを搭載した「FOLIO ROBO PRO(ロボプロ)」がリリースされました。

ご存知のように、2020年前半はコロナショックの影響で、金以外の資産が大きく下落しました。

そんな中、ロボプロは、直近6ヶ月で+9.53%と他社を大きく上回るリターンをたたき出しました。

あなたもその評判を聞きつけて、ロボプロに興味を持ったのかもしれません。

ロボプロを使うか否か検討しているあなたのため、ロボプロと“一般的な”ロボアドバイザーの違いを解説します。

 

 

まずは、ロボプロと他社ロボアドバイザーのリターン差を比較

まずロボプロと他社ロボアドバイザーのリターンを比較してみましょう。

次の4つの一般的なロボアドバイザーを、ロボプロの比較対象としました。

  1. おまかせ投資
  2. WealthNavi
  3. 楽ラップ
  4. ON COMPASS

 

おまかせ投資は、FOLIOの別のロボアドバイザーです。

WealthNaviは、預かり資産や運用者数がNo.1として認知度が高いロボアドバイザーです。

楽ラップは、楽天証券のロボアドバイザーです。

ON COMPASSは、マネックス証券のロボアドバイザーです。

 

TEHOも比較対象に入れたかったのですが、リターン情報「2020年7月までの実績に関して | お金のデザイン」が、他社と同条件で評価できなかったため除外しました。

 

比較の前提条件は、次のようにしました。

  • サービス開始時に一括投資(積立や途中で買い増ししない)
  • 比較期間は、開示条件が揃っている2020.1.31~7.31の直近6ヶ月のリターン

 

比較した結果は、次の通りです。

ロボプロは1プランですが、その他は複数プランあります。そのため、図では、最大値、最小値、平均値のリターンを示しています。

ロボアドバイザーリターン比較

 

平均値のリターンは、楽ラップ(-4.95%)<ON COMPASS(-4.80%)<WealthNavi(-1.9%)<おまかせ投資(+0.25%)<ロボプロ(+9.53%)の順に高かったです。

ロボプロは、他のロボアドバイザーと比較して、+9.28%~+14.48%も相対的にリターンが高かったです。他社を圧倒しています。

 

各社のプラン別リターンを次の表にまとめています。気になる方は、見てみてください。

ロボアドバイザー リターン
ロボプロ 9.53%
おまかせ投資 安定運用 2.40%
堅実 0.06%
バランス 0.08%
積極 -0.04%
チャレンジ -1.24%
WealthNavi(円建て)* リスク許容度1 0.4%
リスク許容度2 -1.0%
リスク許容度3 -2.2%
リスク許容度4 -2.9%
リスク許容度5 -3.9%
楽ラップ** 保守型 -1.50%
やや保守型 TVTなし -2.33%
TVTあり -3.79%
やや積極型 TVTなし -3.49%
TVTあり -5.36%
積極型 TVTなし -5.17%
TVTあり -7.58%
かなり積極型 TVTなし -6.08%
TVTあり -9.22%
ON COMPASS*** Aコース -1.04%
Bコース -2.48%
Cコース -3.84%
Dコース -4.74%
Eコース -5.32%
Fコース -6.12%
Gコース -6.94%
Hコース -7.88%

*:7月度のリターンは「WealthNaviの運用実績|ロボアドバイザーならWealthNavi(ウェルスナビ)」の期間別リターンより引用。

**:7月度のリターンは「運用状況 | 楽ラップ | 楽天証券」の各運用コースのパフォーマンスより引用。TVTとは、下落ショック軽減機能です。

***:7月度のリターンは「投資対象ファンド・運用実績情報開示(2020年7月末時点)」より引用。

 

ロボプロは、他社ロボアドバイザーとココが違う!

ロボプロと“一般的な”ロボアドバイザーは全く別物

図を使って両者の違いを解説します。

一般的なロボアドバイザーのポートフォリオ決定までのプロセスは次の通りです。

f:id:nisaschool:20200912105416j:plain

ポートフォリオの決定には、1990年にノーベル賞を受賞したハリー・マーコヴィッツ氏が礎を築いた現代ポートフォリオ理論に基づいた、平均分散法を用いています。

平均分散法では、各資産クラスの「期待リターン」と「リスク」、資産クラス間の「相関」を用いて、最適なポートフォリオを算出されます。

このプロセスで必要な、期待リターンの推定にはBlack-Littermanモデル、リスクの推定には各資産クラスの過去リターンが主に用いられています。

 

一方、ロボプロのポートフォリオ決定までのプロセスは次の通りです。

f:id:nisaschool:20200912114353j:plain

ロボプロのポートフォリオ決定には、一般的なロボアドバイザーのプロセスに加え、AIによる短期的なマーケット予測が利用されています。

世界各国の株式、債券、通貨、コモディティ(金、銅、原油等)などの40種類以上のマーケットデータを学習データとして参照しています。

さらに統計的処理によって、2000種類以上の特徴量(対象の特徴が数値化されたもの)を計算しています。

その膨大な特徴量をAIに機械学習させ、マーケット予測に役立つスコアを生成します。さらに厳密に評価し、平均精度が高く、性能のばらつきが少ない予測スコアを選択します。

それを元に、AIに短期的なマーケット予測を行わせます。各資産クラスが1ヶ月後どれくらいのリターンになるのかまで算出します。

それ以降は、一般的なロボアドバイザーと同じプロセスです。

ロボプロでは、短期的なマーケット予測と長期的なデータに基づくリスクを考慮することで、価格変動の安定を目指した最適なポートフォリオが決定されています。

 

ロボプロのAIは、実際どう機能したのか?

2020.1.15(サービス開始)~7.14までのリターン推移は次の通りでした。

f:id:nisaschool:20200826211530j:plain

[出典:公式サイトより引用]

 

データは、1.15を「0」としたときのリターン推移を示しています。参考指標として、TOPIXも記載されています。

コロナショック直前の2.18に、株式の比率を下げ、債券の比率を上げるポートフォリオに大きく調整されました。

その結果、株式100%のポートフォリオ(TOPIX)が-30%に対して、ロボプロは-15%に下落幅を抑えられました。

コロナショックの底値から3日後、3.19にAIが回復を予測し、債券比率を下げ、大きく値下がりしていた不動産を組入れるポートフォリオに調整されました。

また、図では記載していませんが、6.22にAIが株式の上昇を予測し、株式の比率を60%まで引き上げるポートフォリオに調整されました。

このように、ロボプロは、AIを活用し、下落局面ではリスク回避、上昇局面では積極的にリターンを取得するポートフォリオを調整してくれます。

それがきちんと機能していたため、他社を圧倒する+9.53%という高いリターンが出せたのだと思われます。

 

ロボプロは、FMにも評判!

先日、株式会社FOLIOの金融戦略部部長である、椋田 氏のお話を聞きました。

椋田 氏は、元大手証券会社のファンドマネージャー(FM)で、FOLIOにはロボプロリリース前にジョインした方です。

元FMから見ても、「ロボプロは良い商品で興味深い」という感想を持たれたようです。

ロボプロの運用プロセスは、FMとして行ってきたプロセスそのものとのことです。

市場に勝つために、膨大なデータを収集し、分析し、それを元に将来を予測してポートフォリオを決定します。

このプロセスを人が行うには、3つのデメリットがあります。

  • 毎日膨大なデータを分析することは大変
  • 人が分析すると主観が入ってしまう
  • 高い精度を保ち、効率的に分析することは難しい

 

一方、ロボプロはAIなので、膨大なデータ分析は得意です。そして、客観的にデータを判断します 。人は疲れて精度にばらつきを生じますが、AIは疲れ知らずで高い精度を保てます。

人がやるよりはるかに正確で、良い成績が出そうですよね。

AIには、得意・苦手な分野がありますが、とりわけ金融分析についてはかなり有効です。

コロナ禍において、ロボプロが好成績であったため、周りのFMから、「今、ロボプロはどう考えているの?」と評判を集めているとのことでした。

 

まとめ

ロボプロは、7月末時点において、過去6ヶ月のリターンは+9.53%でした。

一般的なロボアドバイザーである、おまかせ投資、WealthNavi、楽ラップ、ON COMPASSと比較して、+9.28%~+14.48%も相対的にリターンが高かったです。

ロボプロには、AIが搭載されており、短期的なマーケット予測によって、ダイナミックにポートフォリオが調整されます。それにプラスして、一般的なロボアドバイザーのロジックも取り入れられています。

ロボプロは、今後も、注目しておきたいロボアドバイザーです。

FOLIOの口座を開設すれば、無料で、現時点のロボプロのポートフォリオをチェックできます。まずは、チェックして投資するか否かを判断してみましょう。

ロボプロの最新ポートフォリオを確認してみる

 

関連記事

最新キャンペーンはコレ!FOLIO(フォリオ)のお得な口座開設方法

© FOLIO