Folio(フォリオ)の入金方法・リアルタイム入金がオススメ!



f:id:nisaschool:20190729132159j:plain

こんにちは。Folio(フォリオ)というサービスをご存知でしょうか。2015年に設立された、テーマで選んで株式に投資できるサービスです。

今回は、Folioで取引するための入金方法について説明していきます。

 

 

入金はリアルタイム入金がオススメ!

Folioで投資するための資金は、リアルタイム入金と銀行振込の2種類があります。リアルタイム入金とは、各銀行のインターネットバンキング機能を使って、即時入金できるシステムです。

Folioで利用できるインターネットバンキングは、以下5つの銀行です。[2019.4.27時点]

  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • イオン銀行
  • ジャパンネット銀行

 

リアルタイム入金の最大のメリットは、振込手数料が無料であることです。投資する上での一番のコストが、このような手数料です。

例えば、1万円の入金に毎回216円かかるとします。この金額は小さいと思うかもしれません。しかし元本に対し、8%に相当します。投資で+8%を得るのは結構大変です。こういった小さい金額をかけないようにすることが、みなさんの投資に対するトータル損失を引き下げることになります。

だからこそ、無料で入金できるリアルタイム入金をオススメします。もちろん、銀行振込でも月〇回は無料のものもあるので、そんなに頻繁に入金しない場合はそれでも良いです。

ちなみに出金は手数料無料です。

 

上記の銀行のうち、個人的なオススメは「イオン銀行」です。クレジットカードと銀行口座が一体になったカードがあります。ATM設置数も多く、無料で入出金できるのでお得です。お持ちでない方はぜひ。

ここでは、詳細は割愛するので、もっと知りたい方は公式サイトをご覧ください。

【 イオンカードセレクト

 

リアルタイム入金方法

ここでは、私も使っているリアルタイム入金での操作例を解説します。

1.フォリオにログインします。メニューの「入金」をクリック。

f:id:nisaschool:20190427143718j:plain

 

2.すると、次の画面が表示されます。リアルタイム入金で使う銀行を選択します。

f:id:nisaschool:20190427143758j:plain

 

3.すると、次の画面が表示されます。入金額を入力して、「入金実行画面」をクリック。各銀行のインターネットバンキングにつながります。銀行側でのログインして入金を完了させます。

注意点としては、銀行側で入手金の制限設定をしている方は、変更しないと入金できません。

f:id:nisaschool:20190427143854j:plain

 

4.入金が完了すると、すぐにFolioの口座に反映されます。たったこれだけで完了です。投資を楽しみましょう。

f:id:nisaschool:20190427144122j:plain

 

Folioにご興味ありましたら、ぜひ公式サイトを覗いてみてください。

FOLIO

FOLIO

以上です。

 

関連記事 

【期間限定】フォリオの約1万円で投資できるミニテーマとは?5G・キャッシュレスなどの銘柄に投資可能

Folio(フォリオ)の口座開設方法は簡単!LINEアカウントでも申込可能

テーマで投資するFolio(フォリオ)の4つの特徴と運営会社の信頼性