1口1万円でホテルにも投資できる新しい不動産投資「CREAL(クリアル)」をウォッチ中



f:id:nisaschool:20190717223940j:plain

こんにちは。先日、1口1万円で投資できる新しい形の不動産投資「CREAL(クリアル)」というサービスの提供が開始されました。個人的に結構面白いなと思い、無料会員登録してウォッチしています。どんなサービスか紹介します。

 

クリアルは“ニュータイプ”不動産投資 

不動産投資ってどんなイメージを持っていますか?お金持ちがするのもの?リスクが高そう?管理が大変そう?などでしょうか。

私は、不動産投資するには何百万と必要だから、「不動産投資はお金持ちがするもの」と思っていました。

このクリアルは、1口1万円から投資できるクラウドファンディング型の不動産投資です。不動産投資信託であるリートに近い感じです。リートは複数の物件がパッケージ化された商品に投資するのに対し、クリアルは投資したい物件を自分で選ぶことができます。元本保証でない点は、投資信託とクリアルともに同じです。

すでに募集は終了していますが、下記のような物件がありました。

f:id:nisaschool:20190108150500j:plain

「アマネク浅草吾妻橋スカイ」というホテルです。東京スカイツリーの近くにある宿泊ホテルです。

上記の例で行くと、募集金額が88,000万円(8億8千万円)です。1口1万円なので最大で88000人で所有することができます。もちろん、1人複数口も買えます。

想定利回りが4.2%です。べらぼうに安くも高くもなく、妥当な感じではないでしょうか。運用期間が24カ月です。例えば1口1万円分購入していた場合、1万円×4.2%×2年=840円の配当収入が得られるという計算になります。

他にも色々な物件があります。無料会員登録しないと見れない情報もありますが、物件の動画、物件所有者情報、マーケット情報など詳細に情報がクリアに提供されています。これらを見ているだけで結構勉強になりました。

 

クリアルのミッションに共感

クリアルを運営する「株式会社ブリッジ・シー・キャピタル」さんのミッションは次のように書いていました。

不動産投資を民主化、眠るお金を呼び覚まし、社会を良くする

これまで不動産投資は敷居が高かったですが、クリアルさんはそれを誰でもできるようにするシステムを提供しています。

ミッションの説明でも書かれていましたが、「現在の個人が保有する金融資産は1800兆円です。このうち900兆円が現金預金で眠っている」という点。ここは、本当にそうで、お金を銀行においておいても経済は活性化しないんですよね。

だから、2014年に金融庁でNISAが作られて「貯蓄から投資へ」と経済の活性化が促されてきています。2018年には二の矢つみたてNISAがつくられ「貯蓄から資産形成へ」とさらに進んできています。まだまだ、ですが…。

まずは、すぐに使わない一部のお金をつみたてNISAやiDeCoに回して、さらに投資してみたいなという人は、不動産なのか、別のものなのか、色々と検討してみると良いですよ。

 

無料会員登録すると、不動産の詳細情報が見られる! 

もし、ご興味ある方は無料登録をお勧めします。下記にリンクを貼っておきます。「無料会員登録する」をクリックしてメールアドレスを登録するだけです。

CREAL

無料登録すると、下記の「ファンドの詳細を見る」が押せるようになり、先ほどの物件情報やマーケット情報を閲覧できます。

f:id:nisaschool:20190108153107j:plain

以上、ご参考までに。今後も面白そうな物件がないかチェックしてみます。

 

関連記事

【1分で完売】不動産投資「CREAL(クリアル)」のファンド購入方法(申込方法)

不動産投資「CREAL(クリアル)」はどんな場合に元本割れするのか?確認のため、ドルチェ月島・弐番館に投資予定