ニーサスクール

ニーサスクール公式ブログです。投資信託、株式投資、ロボアドバイザー、ソーシャルレンディングについて、独学で投資サービスを活用して資産形成したい方に、役に立つコンテンツを提供します。

不動産投資クリアルの早期償還のメリットとデメリットを事例から解説

f:id:nisaschool:20190924201732j:plain

ご存知のように、CREAL(クリアル)は1口1万円と少額で不動産投資できるサービスです。

2018年12月から始まり、利用者は急増し、2019年6月末の累計調達額が30億円、分配金総額2500万円を突破しました。

クリアルで投資して間もないなら、「早期償還はどんな場合にされるのか」、「早期償還って良いことなの?悪いことなの?」を知っておくと、クリアルという商品への理解が深まります。

私が投資していた「ドルチェ月島・弐番館」が早期償還されたので、それを事例に早期償還のメリットとデメリットを解説します。

 

 

早期償還はどんな場合になされるのか?

結論からに言うと、想定よりも早く対象物件の売れたときです。

 

クリアルでの投資の流れは、次の図の通りです。

運営会社ブリッジ・シー・キャピタル(BCC)が運用物件を探します。運用益や売却益を見込めそうな案件をファンドとして設定します。

物件取得時(図①)に売主に支払う取得代金に充てるため、あなた(投資家)はクリアルを通じて投資します。

その後、BCCが取得した物件を投資運用(図②)し、家賃収入を得ます。また、新たな買主(図③)を探し、適切なタイミングで売却し売却益を得ます。

f:id:nisaschool:20200201114451j:plain

[出典:CREAL]

 

つまり、クリアルの最終ゴールは、ファンドの運用期間中に物件の売却先を見つけることです。

売却先が運用期間終了よりも早く見つかれば、早期償還されると考えられます。

 

早期償還のメリットとデメリットは?

早期償還された「ドルチェ月島・弐番館」を事例として、メリットとデメリットを考えてみましょう。

早期償還がされる場合、運営元からメールで連絡が来ます。

 

ドルチェ月島の基本情報は、下記の通りでした。

f:id:nisaschool:20200201113716j:plain

想定利回り4.2%、想定運用期間が6ヶ月です。

運用期間は2019.2.1~7.31でしたが、実際には3ヶ月運用期間が短く、4.26に運用終了しました。元本償還日は5.31でした。

 

早期償還のメリットは、元本割れしにくいことです。

想定よりも早く買主が現れて、適切なタイミングで売却されていると推測できます。そのため、元本割れはしにくいです。

ドルチェ月島も元本割れせずに償還されました。

 

早期償還のデメリットは、強いて言うなら分配金が少ないことです。

早期償還となると、運用期間が短くなるので、必然的に受け取れる分配金は少なくなります。

ドルチェ月島の場合、想定利回りが4.2%なので、仮に1万円投資していれば、1万円×6ヶ月/12ヶ月×4.2%=210円の分配金が受け取れます。

早期償還されたため、分配金は、2月、3月、4月(日割り計算)を合算して、1万円あたり99円でした。

つまり、想定していたよりも111円少ない計算です。

 

クリアルの早期償還は想定内で、ネガティブなことではないです。

逆に売却先が見つからず、想定運用期間が延長してしまう方がリスクに感じます。例え、償還されたとしても、また別のファンドに投資すれば問題ありません。

今後も早期償還事例が出てくるかもしれませんが、そんなに気にする必要はありません。 

引き続き、クリアルを利用してリターンを得ていきましょう。

 

関連記事

14名の口コミから分析!不動産投資クリアルの評判はどうなの?

不動産投資クリアル(CREAL)のデメリットは?元本割れリスクを丁寧に解説

不動産投資クリアルはどれくらいのリターン・利回りが期待できるのか?

© Bridge C Capital Inc.