小口不動産投資CREALは、優先出資者と劣後出資者に分け私たちに有利な条件が採用されている!



f:id:nisaschool:20190821212053j:plain

こんにちは。1口1万円で不動産投資できる「CREAL(クリアル)」というサービスをご存知でしょうか。2018年12月から始まった新しい不動産投資クラウドファンディングです。 

 

2019年8月9日から募集が開始された「ラ・ペルラ池袋」が募集期間を待たずして満額到達しました。

f:id:nisaschool:20190821212318j:plain

 

本ファンドはマンション一棟買いで、募集金額は2億9600万円と大型案件でした。CREALの大型案件は、本ファンドで5件目です。金額が大きいので集まりづらいと思われますが、今回の物件も成立下限の1億2千万円をあっさり突破しました。

その理由として、CREALは私たちが損しにくい仕組みが採用されいるから、と考えています。

ファンドの出資には、優先出資者(私たち)と劣後出資者(運営元)の両者が行います。もし、ファンドの元本償還時に損失が生じた場合、第一に運営元出資分からその金額が引かれます。それで負担しきれない部分については、私たちの出資分から金額が引かれます。つまり、損失額にもよりますが、比較的私たちに有利な条件が組み込まれています。

逆の見方をすると、運営元も当然損はしたくないので、物件選定は慎重に実施されていると推測しています。運営元もリスクを共にすることで、私たちとWin-Winな関係を築けていると思います。

 

色々なクラウドファンディングがありますが、不動産に少額で投資してみたいならCREALはオススメです。 

 

会員登録は無料です。ご興味があれば、下記公式サイトをご覧になり、次回物件募集に備えておきましょう。

CREAL

【 CREAL

 

関連記事

1万円から不動産投資できるCREAL(クリアル)の特徴・始め方|登録から入金・購入・配当金受取・出金まで

ボーナス1万円分で始めよう!不動産投資クリアルのお得なキャンペーン

小口不動産投資CREALの8月の新物件は、都内一棟レジデンス予定!大型案件のリスクは高いか?低いか?