【CREAL(クリアル)】1口1万円からの不動産投資の始め方|会社の信頼性・特徴・メリットとデメリット・評判をまとめます!



f:id:nisaschool:20190918203803j:plain

こんにちは。1口1万円で不動産投資できるCREAL(クリアル)というサービスをご存知でしょうか。2018年12月から始まった新しい不動産投資クラウドファンディングです。

CREALの累計調達額が20億円、分配金総額2500万円を突破しました。[2019.6時点]

CREALで投資をしてみたいけど、その特徴、メリットやデメリット、評判が気になるのではないでしょうか。

本ページでは、CREALの特徴・メリットとデメリット・評判と始め方をまとめています。始める前に必要最低限の知識をつけて、十分に検討しましょう。

 

 

まずはCREALの運営会社の信頼性を確認!

運営会社は、株式会社ブリッジ・シー・キャピタルです。2011年5月に設立され、現在でおよそ8年、運用資産残高300億円の実績があります。

事業としては、投資家や証券会社向けの「アセットマネジメント事業」、老人ホームなどの「ヘルスケアファンド事業」、そして、本CREALの「クラウドファンディング事業」です。

CREALのミッションは、下記の通りです。

不動産投資を民主化、眠るお金を呼び覚まし、社会を良くする

この点は、特に個人的に良いと感じています。

またホームページでは、代表の方を含め、役員の顔や名前が見えます。この点は、会社の信頼性を判断する上で大切です。

 

CREALのおさえておきたい3つの特徴

最低限、次の3つをおさえておきましょう。

  1. 少額から投資可能で、面倒な手続きはなくネットで完結
  2. 明確な物件情報がある
  3. リスクを抑えた仕組みで、安定的な分配金を実現

 

CREALでは、1口1万円と少額から投資できます。これまで不動産投資する場合、大きなお金が必要でした。小さいお金を投資したい人から集めて、一つの資金として投資するクラウドファンディング形式で運用されているため、少額から投資できるようになりました。

通常の不動産投資には、物件調査、書類申請、物件メンテナンスなど多くの手間がかかります。その点をCREALが実施しています。その結果、私たちはネット上で物件を選ぶだけで面倒なく取引ができます。

 

CREALの不動産情報はとても丁寧かつ明瞭です。

f:id:nisaschool:20190412203811j:plain

 

まず、必ず動画がついています。これは、内見の手間を省いたり、遠方の人でも物件の雰囲気を確認できるためと思われます。

物件情報では、立地、間取り、交通アクセス、設備(バス・トイレ別など)が詳細に記載されています。

マーケット情報では、立地における人口推移や、賃料の相場を比較することができます。

リターンでは、運用スケジュールや配当金計画、元本償還までのシミュレーションがまとめられています。

リスク要因は、取引の一般的なリスク要因がまとめられています。

ファンド情報では、該当業務の管理会社や管理者が明記されています。

ドキュメントでは、不動産を別会社によって鑑定してもらった不動産調査報告書が添付されています。

ここまで、わかりやすく情報が開示されていると安心して、投資判断に利用することができます。

 

CREALは、私たちが損しにくい仕組みが採用されています。

ファンドの出資には、優先出資者[私たち]と劣後出資者[運営元]の両者が行っています。

もし、ファンドの元本損失が生じた場合、第一に運営元出資分からその金額が引かれます。それで負担しきれない部分について、私たちの出資分から金額が引かれます。つまり、損失額にもよりますが、比較的私たちが有利になる仕組みが採用されています。

逆の見方をすると、運営元も当然損はしたくないので、物件選定は慎重に実施されていると推測しています。運営元もリスクを共にすることで、私たちとWin-Winな関係を築いています。

結果として、分配金が安定的に毎月支払われています。想定利回りは年4%前後です。例えば、年4%で12ヶ月運用されるファンドを購入したとしましょう。このとき、1万円投資した場合、1万円×4%×12/12ヶ月=400円の分配金を受け取れます。

 

CREALのメリットとデメリット

メリットは、特徴で挙げた3点です。そこに加えるとすれば、マーケットの影響を受けにくくリターン計画を立てやすいです。

例えば、不動産投資信託REITの場合、基準価額の変動があります。長期で運用したい場合には良いですが、1年未満でリターンを得ようとすると、マーケットの状況で大きく価格が変動します。

一方、CREALでは、家賃収益の一部を分配金として元本の価格変動は少ないです。

 

デメリットは、他社の投資サービスと同様で元本割れする恐れがあることです。金融商品ですので、その点については十分に理解しておきましょう。

 

CREALの評判

公式サイトでは評判は記載されていませんでした。

私の利用した経験をもとに「優・良・可」で評価するならば「優」です。安定して分配金の支払いがあること、初級者にもわかりやすい物件情報があること、サイト操作が使いやすいことです。

強いてマイナス面を言えば、ファンド購入が先着順なのですぐに埋まって購入できないことがある点です。その点は、最近になって大型案件が登場するようになって、解消されつつあると感じています。

「少額から不動産投資を始めてみたい」、「余剰資金で安定した利回りを目指したい」という方にはオススメです。

 

手数料について

口座開設費用と口座維持費用は無料です。入出金手数料がかかります。

入金時は、振込手数料について無料回数がついている銀行を利用しましょう。出金時は最も手数料が安い「楽天銀行」がオススメです。

  • 楽天銀行の場合:51円
  • 楽天銀行以外(~3万円未満):165円
  • 楽天銀行以外(3万円以上):258円

※10月1日から消費税が上がるため、少し増額されます。

 

口座開設方法

口座開設は簡単です。必要なものは、本人確認書類とマイナンバーです。手順は次の通りです。

1.公式サイトにアクセスします。

>>【 CREAL

 

2.すると、次のトップ画面が表示されます。「会員登録」をクリックします。

f:id:nisaschool:20190921232800j:plain

 

3.あとは、以下の流れで手続きが進みます。メールとパスワード登録すると、氏名や住所の登録、本人確認書類とマイナンバーの登録です。

口座開設審査後、本人確認キーがはがきを受け取り後、投資を開始できます。おおよそ5営業日以内でレターが発送されます。到着後ログインすれば完了です。

 

キャンペーンについて

下記にまとめています。 

>>1万円から始める不動産投資・クリアルのお得なキャンペーン

 

その他、詳細な情報は公式サイトをご覧ください。

CREAL

CREAL

 

関連記事

【一覧】不動産投資CREALにおける商品(ファンド)はどれくらいのリターンが期待できるのか?

CREAL(クリアル)とマネーフォワードミーの連携方法・使い方

© Bridge C Capital Inc. All Rights Reserved.