NISA SCHOOL

独学で資産形成を目指すブログ

不動産投資クリアルはどれくらいの利回り・リターンが期待できるのか?

f:id:nisaschool:20190921201401j:plain

ご存知のように、CREAL(クリアル)は1口1万円と少額で不動産投資できるサービスです。

2018年12月から始まり、利用者は急増し、2019年6月末の累計調達額が30億円、分配金総額2500万円を突破しました。

CREALでの投資を検討中なら、「どんな商品があるのか、どれくらいのリターン(利回り、分配金)が期待できるのか」、事前に知っておきたいですよね。

そんなあなたのために、CREALの全商品のリターン分析、をまとめています。

 

結論を先にいうと、以下です。

  • 想定利回り:年3.3%~6.0%
  • 想定運用期間:4ヶ月~24ヶ月
  • 1万円投資時の想定分配金:136円~1000円

CREALを利用するか否かの参考にしていただけたら、幸いです。

 

 

CREALの商品

CREALは、不動産特化型のクラウドファンディングですので、商品(ファンド)の投資対象はすべて不動産です。

ファンドは、次のようなものがあります。

  • 東京都内のマンションの1室
  • 東京都内のマンションの1棟
  • ホテル
  • 保育所

多くのファンドが都内のマンションです。日本の人口は減りつつありますが、東京に住む人は増えています。そのため、不動産価格が上昇傾向にあるため、投資機会があると考えられています。

1室の募集金額は2千万円前後が多いです。1棟、ホテル、保育所の募集金額は1~2億円前後でした。

 

CREALのリターン分析

2020.4.24時点では、27ファンドの募集がありました。ココファン・ナーサリー旗の台は、4.27~募集開始のファンドです。

リターン分布をわかりやすいように可視化しました。

横軸に運用期間(ヶ月)、縦軸に想定リターン(%/年)をプロットしています。

f:id:nisaschool:20200424224325j:plain

 

運用期間は4ヶ月~24ヶ月、想定リターンは年3.3%~6.0%です。安定した低・中リターンのファンド案件で構成されています。

以下に、各ファンドの運用期間(ヶ月)、想定リターン(%/年)、最低投資額である1万円投資したときの想定分配金(円)についてまとめています。募集が新しい順に並べています。

想定分配金は136円~1000円でした。

ファンド名 運用
期間
リターン 1万円
投資時
ココファン・
ナーサリー旗の台
15 6.0 750
関町北保育園
プロジェクト
16 4.0 533
Q Stay and
lounge上野
12 4.5 450
SOLA沖縄学園 18 3.3 495
ルーブル蒲田壱番館 12 3.5 350
菱和パレス文京白山 12 3.3 330
シンシア護国寺 12 3.3 330
ビバリーホームズ
戸越公園Ⅱ
12 4.0 400
プレール南池袋 6 3.5 175
ラ・ペルラ池袋 18 4.5 675
リノ西落合 18 4.0 600
ちくらつなぐホテル 24 5.0 1000
ブライド早稲田 9 4.2 315
スカイコート高田 8 4.5 300
メインステージ蒲田 9 4.2 315
シンシア本郷 6 4.0 200
パレステュディオ
シンシア
6 4.2 210
プレール・ドゥーク
銀座
6 4.0 200
さくらさくみらい 12 4.0 400
ルーブル旗の台 12 4.0 400
ステージファースト
笹塚
12 4.0 400
ドルチェ月島 6 4.2 210
メインステージ押上IV 6 4.2 210
スカイコート世田谷 6 4.4 220
ホテル あまねく浅草 24 4.2 840
ティアラ目白 6 4.3 215
トーシンフェニックス 4 4.1 136

*:1年目が4.0%、2年目が6.0%ですので、年平均5.0%として記載しています。

 

まとめ

CREALの商品は、想定運用期間が4ヶ月~24ヶ月、想定リターンが年3.3%~6.0%です。1万円投資時の想定分配金は、136円~1000円でした。

あなたの希望するリターンか判断しましょう。

徐々に募集ファンド数も増えてきています。不動産投資を検討中の方は、公式サイトをチェックしておきましょう。

CREAL  

 

関連記事

不動産投資クリアル(CREAL)のデメリットは?元本割れリスクを丁寧に解説

最新キャンペーンはコレ!不動産投資クリアルのお得な口座開設方法

5要素に注目!不動産クラウドファンディングサービスのおすすめの選び方

© Bridge C Capital Inc.