NISA SCHOOL

独学で資産形成を目指すスクール

物流不動産CREファンディングはどれくらいの利回り?

執筆者:NISA SCHOOL 永松 龍一郎(@nisaschool

f:id:nisaschool:20200229164511j:plain

ご存知のように、CRE funding(CREファンディング)は1口1万円と少額から物流不動産に投資できるサービスです。

運営会社は、FUEL株式会社ですが、取扱商品は東証一部上場のシーアールイー(証券コード:3458)の物流不動産です。

サービスは2020年2月からスタートしました。

 

CREファンディングでの投資を検討中なら、「どんな商品があるのか、どれくらいのリターン(利回り、分配金)が期待できるのか」、事前に知っておきたいですよね。

そんなあなたのために、CREファンディングの全商品のリターン分析、をまとめています。

 

結論を先にいうと、以下です。

  • 想定利回り:年2.3%~3.0%
  • 想定運用期間:3ヶ月~24ヶ月
  • 1万円投資時の想定分配金:57円~560円

CREファンディングを利用するか否かの参考にしていただけたら、幸いです。

 

 

更新履歴

 

CREファンディングの商品

CREファンディングは、不動産特化型のクラウドファンディングですので、商品(ファンド)の投資対象はすべて不動産です。

対象不動産は、シーアールイーが管理している物流不動産です。

物流不動産とは、物流業務を行うための施設として第三者へ賃貸される、倉庫・物流センター等の建物です。

新規供給に対する需要は高く、空室率が低く安定した賃料収入を維持しています。

 

CREファンディングの利回り分析

2021.7.5時点では、12ファンドの募集がありました(予定、募集中も含む)。

利回り分布をわかりやすいように可視化しました。

横軸に運用期間(ヶ月)、縦軸に想定利回り(%/年)をプロットしています。

CREファンディング,利回り

 

運用期間は3ヶ月~24ヶ月、想定利回りは年2.3%~3.0%です。安定した低・中リターンのファンド案件で構成されています。

 

以下に、各ファンドの運用期間(ヶ月)、想定リターン(%/年)、最低投資額である1万円投資したときの想定分配金(円)についてまとめています。募集が新しい順に並べています。

想定分配金は186円~560円でした。

ファンド名 運用
期間
利回り 1万円
投資時*
物流ファンド12号杉戸 3 2.3 57
物流ファンド11号羽生 12 2.5 250
物流ファンド10号厚木愛川 12 2.5 250
物流ファンド9号厚木・幸浦・木更津 24 2.8 560
物流ファンド8号杉戸 8 2.8 186
物流ファンド7号杉戸 10 3.0 250
物流ファンド6号羽生 10 2.8 233
物流ファンド5号羽生 12 3.0 300
物流ファンド4号厚木愛川 9 3.0 225
物流ファンド3号厚木愛川 10 3.0 250
物流ファンド2号厚木愛川 11 2.5 229
物流ファンド1号厚木愛川 12 3.0 300

*:切り捨てで算出。

 

まとめ

CREファンディングの商品は、想定運用期間が3ヶ月~24ヶ月、想定利回りが年2.3%~3.0%です。1万円投資時の想定分配金は57円~560円でした。

あなたの希望するリターンか判断しましょう。

徐々に募集ファンド数も増えてきています。不動産投資を検討中の方は、公式ページ「CREファンディング」をチェックしておきましょう。

 

関連記事

最新キャンペーンはコレ!物流不動産CRE fundingのお得な口座開設方法

© FUEL, Inc.