NISA SCHOOL

独学で資産形成を目指すスクール

株式投資型クラウドファンディング CAMPFIRE Angelsとは?特長とプロジェクト分析

先着順です!

1万円からの不動産クラウドファンディング COZUCHIとタイアップし、新規登録でもれなくAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施します。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

執筆者:NISA SCHOOL 永松 龍一郎(Udemy認定講師

CAMPFIRE Angels,特長とプロジェクト分析

こんにちは。CAMPFIRE Angels(キャンプファイヤーエンジェルス)は、株式上場(IPO)やM&Aに期待できるスタートアップ企業に投資できるサービスです。

運営会社は、株式会社CAMPFIRE Startupsです。2015年5月に設立され、株式投資型クラウドファンディング業務、M&Aアドバイザリー業務、財務コンサルティング業務、教育研修業務等を行っています。

株式投資型クラウドファンディングのサービスは、2020年8月から開始されました。

 

 

「少額から、スタートアップ企業に投資して、IPOやM&Aに期待したい」、「スタートアップ企業の配当や、株主優待に期待したい」、「国内のスタートアップ企業の成長を下支えしたい」と思うなら、CAMPFIRE Angelsを知っておいて損はありません。

そのようなあなたのために、CAMPFIRE Angelsのコレだけは知っておきたい3つの特長、及びプロジェクト分析を解説します。

 

 

更新履歴

  • プロジェクト分析に、「デジリハ」を追記しました。[2021.11.25]

 

 

CAMPFIRE Angelsのコレだけは知っておきたい3つの特長

CAMPFIRE Angelsは、株式投資型クラウドファンディングというサービスです。

「株式投資型クラウドファンディング」とは、非上場企業(スタートアップ企業)が株式を発行し、インターネットを通じて多くの人から少額ずつ資金を集める仕組みです。

元本保証ではありません。

 

CAMPFIRE Angels,投資の流れ

[出典:CAMPFIRE Angels]

 

CAMPFIRE Angelsの3つの特長は、以下3つです。

  1. 10万円から投資可能
  2. 金融プロが厳選したスタートアップ企業をラインナップ
  3. IPOやM&Aで、数十倍のリターンに期待できる

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

 

10万円から投資可能

「スタートアップ企業に投資するには、大金が必要なんでしょ」と思われる方が多いですよね。

いいえ、CAMPFIRE Angelsでは10万円と少額からスタートアップ企業への投資が可能です。

 

また、CAMPFIRE Angelsでは、スタートアップ企業への投資の手間もかかりません。

これまで、スタートアップ企業の株式を取得するには、よっぽどのコネクションがないとできませんでした。

CAMPFIRE Angelsが登場したことで、資金出資の対価として、スタートアップ企業の株式をインターネット上で簡単に取得できるようになりました。

 

以下は、プロジェクトの詳細画面です。

投資判断に必要な情報が十分にまとまっています。

CAMPFIRE Angels,プロジェクト画面

 

「ピッチ」では、プロジェクトにおいて、解決する課題と方法、ビジネスモデル、マーケット、成長計画と戦略、チームメンバー、メッセージ、実績・推薦等が詳しくまとめられています。

「発行者・募集情報」では、会社概要、株式の募集要項、資金使途等がまとめられています。

「注意事項」では、プロジェクトに投資する上での注意事項がまとめられています。こちらは、投資家登録をすると閲覧できます。

「審査情報」では、プロジェクトの審査情報がまとめられています。こちらも投資家登録をすると閲覧できます。

 

金融のプロが選定したスタートアップ企業をラインナップ

CAMPFIRE Angelsでは、事業内容や今後の成長性等、様々な観点から金融のプロが厳正に審査しており、安心して投資してできると判断した募集のみをラインナップしています。

代表取締役社長である出縄 氏は、1997年ディー・ブレイン証券を創業し、株式投資型クラウドファンディングの前身であるグリーンシート制度で募集取扱主幹事シェア9割超の実績を持っていました。

その後、上場引受主幹事業務にも進出し、札証アンビシャス、福証Q-Boardの主幹事シェアは6割と経験豊富です。

取締役 常務執行役員である池田 氏は、日興証券でIPO候補企業の開発企画・支援。日興アセットマネジメントに移りアナリスト・経営企画部長・人事部長を経験し、株式会社ジェイホールディングス取締役COO兼IPO担当としてJASDAQ上場させた実績があります。

取締役 執行役員である田中 氏は、HRTech企業を中心に複数社にて、法人営業・経営企画・DX・オープンイノベーション・新規事業に従事してきました。

2018年に、プロジェクトメンバーを募るプラットフォーム株式会社TOMOSHIBIを創業、代表取締役CEOに就任しました。2019年に株式会社CAMPFIREに事業譲渡し、CAMPFIRE Angelsに参画しました。

 

過去には、以下の業種のプロジェクトがラインナップされていました。

  • 医療・福祉

  • 農業・林業

  • 学術研究・専門・技術サービス業

  • 生活関連サービス業・娯楽業

  • 建設業

  • 情報通信業

  • 卸売業・小売業

幅広い分野のスタートアップ企業に投資できます。

 

IPOやM&Aで、数十倍のリターンに期待できる

CAMPFIRE Angelsで投資する最終ゴールは、IPOやM&A(事業売却)による株式の売却です。(※企業によってはイグジットを選択しない場合もあります。)

IPOでは、初値(上場初日の株価)が募集価格の何倍にもなることがあります。それにより、数倍~数百倍のリターンを手にする可能性があります。

一方で、IPOやM&Aに時間がかかる場合があること、IPOやM&Aを達成できるか不明なこと、最悪のケースでは倒産リスクによる損失にも留意しておきましょう。

 

 

CAMPFIRE Angelsのプロジェクト分析

2021.11.25時点では、17プロジェクトがありました(2回目以上募集、募集中、予定も含む)。

業種分布をわかりやすいように可視化しました。

※[注]業種分類は、各プロジェクトの発行者・募集情報の業種より抽出しています。

CAMPFIRE Angels,プロジェクト分析

 

各プロジェクトについて、業種、目標金額、1株価格、最低投資額についてまとめています。

社名 業種 目標金額
(万円)
1株価格(円) 最低投資額(円) 募集開始日
デジリハ 医療・福祉 990 300 99,000 2021.11.30
インターメディア研究所(3回目) 学術研究・専門・技術サービス業 1000 10,000 100,000 2021.11.22
Open Health Initiative 医療・福祉 1,000 2,000 100,000 2021.11.4
日本抗体医薬 医療・福祉 1,500 10,000 100,000 2021.10.27
日本美容創生 医療・福祉 300 2,500 100,000 2021.10.21
プロメドサイエンス 医療・福祉 1,500 10,000 100,000 2021.9.28
シンコムアグリテック 農業・林業 1,000 5,000 100,000 2021.8.20
ACW−DEEP 学術研究・専門・技術サービス業 1,320 10,000 100,000 2021.8.11
オステオノバス 医療・福祉 1,000 20,000 100,000 2021.7.30
AI Infinity 学術研究・専門・技術サービス業 3,000 10,000 100,000 2021.6.29
ユニゾンライブ 生活関連サービス業・娯楽業 2,000 2,500 100,000 2021.6.22
鳶浩工業 建設業 1,000 10,000 100,000 2021.5.28
インターメディア研究所(2回目) 学術研究・専門・技術サービス業 500 10,000 100,000 2020.12.7
ヒナタデザイン 情報通信業 1,000 50,000 100,000 2020.11.25
ブリッツワークス 卸売業・小売業 500 10,000 100,000 2020.10.6
インターメディア研究所 学術研究・専門・技術サービス業 1,000 10,000 100,000 2020.9.25
Gigi 情報通信業 2,000 10,000 100,000 2020.8.27
min. 300 2,000 100,000 ---
max. 3,000 50,000 100,000 ---

※スクロールして、ご覧ください。

 

CAMPFIRE Angelsのプロジェクトでは、医療・福祉と学術研究・専門・技術サービス業のプロジェクトが多めで、目標金額300万円~3,000万円、1株価格2,000円~50,000円、最低投資額10万円でした。

 

また、CAMPFIRE Angelsのプロジェクトが、いつIPOやM&Aの予定なのか気になりますよね。

各プロジェクトについて、IPO又はM&Aの目標について、まとめています。

社名 カテゴリー IPO or M&A 目標
デジリハ 医療・福祉 IPO 2026年以降
インターメディア研究所(3回目) 学術研究・専門・技術サービス業 IPO ---
Open Health Initiative 医療・福祉 IPO 2027年以降
日本抗体医薬 医療・福祉 IPO 2027年以降
日本美容創生 医療・福祉 IPO 2025年以降
プロメドサイエンス 医療・福祉 IPO 2027年以内
シンコムアグリテック 農業・林業 IPO 2023年以降
ACW−DEEP 学術研究・専門・技術サービス業 --- ---
オステオノバス 医療・福祉 IPO 2026年以降
AI Infinity 学術研究・専門・技術サービス業 IPO 2024年以降
ユニゾンライブ 生活関連サービス業・娯楽業 IPO 2026年以降
鳶浩工業 建設業 IPO 2026年以降
インターメディア研究所(2回目) 学術研究・専門・技術サービス業 IPO ---
ヒナタデザイン 情報通信業 IPO 2024年以内
ブリッツワークス 卸売業・小売業 --- ---
インターメディア研究所 学術研究・専門・技術サービス業 IPO ---
Gigi 情報通信業 --- ---

 

CAMPFIRE Angelsのプロジェクトでは、IPOによるイグジットを目指すのが11社、未記載が3社でした。

IPO目標は、1社を除きどのプロジェクトも202X年代とされていました。少なくとも、2023年以降にイグジットが出てくるか、今後、着目しておきたいところです。

 

 

まとめ

CAMPFIRE Angelsは、株式上場(IPO)やM&Aに期待できるスタートアップ企業に投資できるサービスです。

スタートアップ企業への投資は、リスクを許容できる範囲にして、中長期的な目線を持って取り組んでみてはいかがでしょうか。

CAMPFIRE Angelsを利用するか否かの参考になれば、幸いです。

 

その他、CAMPFIRE Angelsに関するトピックは、「IPO前に、非上場株式を購入できるイチオシの4つの方法」でまとめていますので、ご覧ください。

 

 

関連記事

最新キャンペーンはコレ!CAMPFIRE Angelsの口座開設方法

 

金融のプロが厳選したスタートアップ企業の株主になるなら

CAMPFIRE Angels,公式ページCAMPFIRE Angelsは、金融のプロが厳選が選定した企業に10万円から投資でき、将来IPOやM&Aに期待できます。
まずは、CAMPFIRE Angelsでどんなスタートアップ企業に投資できるかチェック!

公式ページはこちら

©CAMPFIRE Startups, Inc.