【対処方法】あなたのメインバンクは大丈夫?銀行が口座維持手数料を検討開始!?今後オススメとなる銀行の基準



f:id:nisaschool:20191114215936j:plain

こんにちは。バッドニュースです。ここ数年話題となっていた、預金口座維持手数料の導入の検討が始まっています。「口座維持手数料って何?」、「なぜ、導入される可能性あるの?」、「どう対処したらよいの?」と気になりますよね。

今回は、口座維持手数料とは何か、導入の理由、それにどう対処すればよいか、をまとめています。 

 

 

口座維持手数料とは?

簡単に言うと、預金口座にサービス利用料金がかかるということです。別名で口座管理手数料と言ったりもします。2019年11月時点、日本のほとんどの銀行では口座開設して、たとえお金を入れていなくても、利用料金がゼロですよね。それが当たり前になっています。

今後、そこに利用料金がかかるようになるかもしれません。どれくらいかというと、年間2000円~3000円の負担と言われています。

 

日本以外の国では、口座維持手数料がかかることが当たり前です。

いくつか例を見ていきましょう。米国の大手銀行シティバンクでは、ベーシック預金口座には、月額12ドルの利用料金がかかります。日本円にして、約1300円/月(1ドル=108.78円で計算)です。年間にして15,600円です。非常に高いですよね…。

ただし、利用料金の免除できる条件があります。月額の預金残高が1500ドル以上あることです。ある程度、預金がないとどんどん手数料でマイナスになっていきます。

ドイツでも、月額2ユーロ~10ユーロ、日本円にして240円~1200円かかります。

 

逆に、日本と同じように利用料金無料なのは英国です。最近では、英国では手数料を取る特典付き口座が登場しています。特典として、金利が一般口座より上乗せされたり、プレゼントがもらえたりするようです。

 

 

なぜ、口座維持手数料の導入が検討されているのか?

銀行の収益悪化が、原因の一つです。銀行業とは、私たちが預けたお金を企業に貸したり、金融商品に投資することで収益を得ています。また、銀行の銀行である日本銀行にお金を預けることで、利息を得ていました。

最も安全な収益源は、日本銀行にお金を預けることでした。例えば、日本銀行にお金を預けると年1%の利息を得たとしましょう。そのうち、年0.1%を私たちへの利息として支払いをしてきました。

つまり、銀行は年1%-年0.1=年0.9%の利益を安定的に得られていた訳です。100億円預けていれば、年9000万円の利益になります。

 

しかし、この利益構造がマイナス金利によって崩れてしまいました。マイナス金利とは、日本銀行が2016年1月に導入した金融緩和政策です。簡単に言うと、銀行は日本銀行にお金を預けているだけで、年0.1%の手数料を取られます。

その結果、私たちの預金金利も年0.1%から年0.001%まで引き下げられました。そうしないと、ずっとマイナスですからね。

本来、この政策は銀行が企業融資や投資にお金を回すことで、経済活性化とデフレ脱却を目指す目的でした。しかし、当然融資や投資は元本保証ではないですから、経済情勢が不安定な中では銀行もコワいですよね。

 

このままいくと、収益は悪化し続けるため、本来取るべき料金である口座維持手数料の導入が検討されています。口座を維持するにもシステム費や人件費がかかります。一定以上預金があれば銀行も利用価値がありますが、全くなければコストだけがかかってしまいます。

三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行など大手の銀行が検討を開始しているようなので、もし導入開始となれば、地方銀行など中小規模も当然導入してくるでしょう。

では、口座維持手数料導入が決まったら、私たちはどのように対処したら良いでしょうか。

 

口座維持手数料の対処方法とオススメの銀行!

対処方法は簡単です。まずは、手数料がかからない銀行に切り替えましょう。

どんな銀行を選んだらよいでしょうか。私は、銀行業以外のビジネスを持っている会社の銀行口座を利用しています。

導入理由にも挙げたように、銀行業が厳しくなってきているから、手数料をとるということがわかっています。だとすれば、銀行業以外にもビジネスを持っていれば、競合他社との差別化として、預金口座は無料にすることができるからです。

 

私のオススメは、次の2つの銀行です。

  1. イオン銀行
  2. 住信SBIネット銀行

イオン銀行は、イオングループのネット銀行です。イオンは総合スーパー事業、マックスバリューやミニストップのスーパー事業、ウェルシアなどのヘルスケア事業、その他、金融事業、ディベロッパー事業と非常に多岐にわたります。

銀行の口座維持手数料をあえて取らなくても、他に収益源あります。もちろん、手数料を取れば利益が上がりますが、それによるイオンへの愛着感が減少する方がデメリットです。

また、蒼井優さんが「なんで、自分のお金を出したり、入れたりするだけなのに手数料がかかるの?」、「イオン銀行はかからない!」というCMを作っているくらいですから、手数料は取らずにユーザー数を増やしていくぞ、という戦略がみえます。

そのため、第一にはイオン銀行をオススメします。

>>【 イオン銀行

 

住信SBIネット銀行は、SBIホールディングスの銀行です。 よく認知されているのは、金融サービス事業のSBI証券ですよね。アセットマジメント事業のモーニングスターの株主でもあります。

その他、医薬品の研究開発やサプリなどの食品開発を行う、バイオ事業もあります。

イオン銀行と同様に、銀行業以外での事業で収益化されています。そのため、あえて口座維持手数料を取ってこないと推測しています。

住信SBIネット銀行は、残高のランクに応じて振込手数料やATM手数料が月最大15回まで無料というメリットがあります。全国のコンビニATM、ゆうちょ銀行でも使えるので便利です。

また、私は、SBI証券やSBIネオモバイル証券で投資する際に、即時入金サービスに利用しています。手数料がかかりませんし、即時証券口座に反映されるので、投資信託の積立や株式取引に活用しています。

そのため、2番目にオススメの銀行です。

>>【 住信SBIネット銀行

 

その他、注意しておきたいのが、使っていない銀行の解約です。銀行口座を複数持っている方もいるでしょう。もし、口座維持手数料が導入され、一定条件を満たしていなければ費用がかかるので、注意しておきましょう。

今後、追加情報があればお伝えしていきます。まずは、あなたが使っている銀行に手数料がかかるようになるか、公式サイトでチェックしておきましょう。

 

関連記事

【制度改正】NISA恒久化は見送り2023年終了!?つみたてNISAは恒久化される?英国ISAに近づくのはいつか?

【ネオモバ証券】初めて1株投資するならどの銘柄が良い?オススメの選び方・分析手法を個人実績とともに紹介!

ポイント還元率に注目!つみたてNISAはどこの証券会社がお得でオススメ?SBI・楽天・マネックスを比較!